ふりかえりTrial&ErrorLearning Languageやってみよう

Camblyの良い点はメルマガと録画復習

当記事には広告が含まれている場合があります
当記事には広告が含まれている場合があります
ふりかえり
この記事は約3分で読めます。

7月は新しいチャレンジとしてCambly(キャンブリー)を使ってみました。
利用して1か月経つので、備忘記録を残しておきます。

Cambly(キャンブリー)ってなに

オンライン英会話システムです。
さまざまな専門知識を持った英語ネイティブと会話できることがCamblyの特色です。

料金

最初は、料金体系がイマイチよく分からなくて迷いました。
一般的なオンライン英会話のしくみに慣れている人だと、ちょっと戸惑うかも。

自分が、どのくらいオンラインレッスンを受けたいと思っているのか(1日●分を1週間に●回など)考えておくと決めやすいでしょう。

わたしは、現在使用しているオンライン英会話(Weblio)を止めるつもりはないので、お試しのつもりで、③の3ヶ月を申込みました。

$47×3ヶ月で$141(約14,800円)、1か月換算だと約4,900円。

  1. 1日30分週5日 月$269(3ヶ月なら$242、12か月なら$202)
  2. 1日30分週5日 月$146(3ヶ月なら$131、12か月なら$110)
  3. 1日15分週2日 月$52(3ヶ月なら$47、$39)

良い点

  1. 15分単位でレッスンが可能
  2. レッスン録画で復習ができる
  3. 適度な頻度で送られるメルマガの質がとても高い→学習サポートの効果大
  4. 事前予約がなくても受講可能
  5. 事前予約も可能
  6. スマホアプリでレッスン動画の復習ができる

私は自分が話している内容を、しっかりチェックすることが目的なので15分単位でレッスンができるのは非常に助かります。
15分は短すぎるかな、と当初は考えていたのですが、IELTS教材を使った場合、十分練習できます。

(IELTSを教えます、という先生を選ばないと失敗する可能性が高いです。短時間のレッスンほど先生のスキルの差が激しいです。新しい先生は避けた方が無難)

また、復習動画を見ることを考えると15分でも、自分がたくさん話せていれば、十分効果はあると思いました。

イマイチな点

  • 値段が高め
  • 予約の方法が分かりづらい
  • 人気講師は予約がとれない
  • 初心者向けではない
  • すぐに繋がるのはビックリ
    15分だと、嫌がる先生もいる(上手に時間を使えない)

まとめ

自分の弱点が分かっていて、そこを集中して強化したい人には良さそうな気がします。レッスン動画を見ることは、正直いうと私には苦痛でしかないのですが、自分の問題点から目を逸らさずチェックするために、活用しなきゃ(涙)と思っています。

そのこととは別に、他のオンライン英会話システムを使ってネイティブと話した時にも思ったのですが、先生がネイティブかどうかは、私にとっては、あまり意味がないようです。

というのも、結局は、先生の教えるスキルと人間性が問題だと気づいたからです。非ネイティブでも、指導がうまい先生もいるし、ネイティブで発音が上手でも、教えるスキルがイマイチな先生もいるわけです。相性もありますし。

これは期待値の問題にもなるんですけど、ネイティブで教え方が「?」な人に当たったときのガッカリ感は、かなりキツイものがあります。

どちらに当たるかは確率の問題なのですが、だとすると、より多く受講できる時間を確保できたほうがチャレンジ回数も上げられるし、当たりをひく確率は上がるわけで、となると、受講料金の高さはネックになるんですよね。

うまく自分と相性が良くて、教え方もうまく、スキルアップさせてくれる先生に出会えることは、トライアルエラーの回数にもよりますが、幸運なことだと思います。

結局、自分自身の目標に近づくために、最も貢献してくれそうなシステムを選べるといいんですよね。

タイトルとURLをコピーしました