やってみようふとした気づきTrial&Error好favorite益Useful

ガリア戦記、岩波、講談、平凡社、どれを読む?

やってみよう
この記事は約4分で読めます。

カエサルのガリア戦記を読みたくなりました。でも、いざ読もうとしたら、翻訳版が複数あります。どれが良いの?そんなわけで、3種類のkindle本サンプルをダウンロードして比較してみました。

  1. ガリア戦記 (岩波文庫) Kindle版 カエサル (著), 近山 金次 (著)
  2. ガリア戦記 Gaius Julius Caesar (講談社学術文庫) Kindle版 カエサル (著), 國原吉之助 (翻訳)
  3. ガリア戦記 (平凡社ライブラリー664) Kindle版 カエサル (著), 石垣 憲一 (翻訳)

比較のポイント4つ

以下の4つのポイントで比較してみました。

1.金額
2.出版年(読みやすさ)
3.解説の充実度(図版)
4.kindleサンプルで読める部分

金額出版年解説kindleサンプルで読める部分
岩波文庫946円1942年本文前に解説あり(専門的で難解)本文前の解説のみ(目次も読めない)
講談社学術文庫1001円1994年サンプルの範囲では解説が読めない(巻末に専門語略解と地図が入っているらしい)目次と1巻42節まで読める
平凡社ライブラリー1650円2015年各節の末尾、本文中の注釈あり(非常に親切)目次と1巻35節まで読める

主観的な選び方

途中で投げ出したくないので、自分が、これなら最後まで読めそうだな、と思う本を選ぶことにしました。そういう基準でチェックすると、岩波は目次も含めて、本文がまったくkindleサンプルで読めないため、検討できませんでした。講談社や平凡社みたいに1巻の途中までくらい読ませてくれなてもいいのになぁ。残念ですが、この時点で購入候補から外しました。

実は、どれも同じだろうと考えて、最初は価格だけで検討していたのです。岩波を候補から外したので、次にサンプルをダウンロードしたのは、講談社でした。目次は読めるものの、解説が巻末に一括で入っているので、サンプル版では読めません。また地図などもサンプル版では確認できず。これは、ちょっと読み進められる気がしませんでした。

仕方なく、最後に最も価格が高い平凡社版のサンプルをダウンロードしました。ところが!!驚いたことに、他の2社に比べると、以下の理由のために、あきらかに読みやすくて、面白さを感じることができ、これなら最後まで読めそうと思えたのです。

・説明する地図がちょうどよい位置に入っている(読みながら、ココかぁ、と場所を確認しやすい⇒イメージが湧く)
・本文(節)の直後に解説がある(疑問がすぐに解消できる⇒イメージが湧く)
・文体が読みやすい気がする(これは私の好みかも)

結論

そんなわけで、最終的に私は平凡社ライブラリーを購入しました。

勉強がつまらない、退屈と感じる場合、たいていは先生の教え方が自分に合ってないんですよね。これって、古典読書でも当てはまりそう。私は、頑張って古典を少しずつ読んでいるところですが、ダンテの神曲は河出文庫ドストエフスキーのカラマーゾフは光文社古典新訳文庫など、自分にとって読みやすいバージョンの翻訳を引き当てられたから、読み終えられたようなものです。

古典文学は非常に面白いのですが、どの翻訳を選ぶかによって、その面白さが堪能できない可能性もあります。そういう意味で、kindle本でサンプルをダウンロードして比較するのは大切ですね!

今回のことで学びました。面倒がらず、また安易に価格で判断しないようにします。みなさまも、心躍るステキな書籍との出会いがありますように!

追記 WIKIBOOKSという選択もあり

無料で、ちょこっとだけ読んでみたい方や、ラテン語の原文が気になる方には、WIKIBOOKSのガリア戦記がおすすめです。邦訳がすべて完了しているのは第7巻だけなのですが、地図や関連の絵画も含まれていて、とても参考になりました。私は平凡社版を買ったのですが、読んでいて「?」となっていた部分をWIKIBOOKSで確認したら、スッキリ理解できた部分があったんです。その件については、こちらでブログ記事にしました。ご参考までに。

ガリア戦記 がりあせんき De Bello Gallico
ローマの政治家カエサルの作品。紀元前58年から前50年までの、地方長官としてカエサルが遂行したガリア戦争の記録。全8巻。カエサル自身の筆は第1巻~第7巻(ウェルキンゲトリクスを破る前52年のアレシアの決戦まで)であり、第8巻は彼の部将ヒルティウスの手になる。ガリアでの戦いを客観的で冷静な筆で描くことによりローマの戦争の正当性を示し、政治家、将軍としての自らの立場、功業を明らかにしたもの。前1世紀のガリア人社会を知るための史料として重要。第一級の歴史書であるとともにラテン文学の傑作。

“ガリア戦記”, 日本大百科全書(ニッポニカ), JapanKnowledge, https://japanknowledge.com , (参照 2021-03-30)
ガリア戦記 (岩波文庫)
Amazon.co.jp: ガリア戦記 (岩波文庫) eBook : カエサル, 近山 金次: 本
ガリア戦記 Gaius Julius Caesar (講談社学術文庫)
Amazonでカエサル, 國原吉之助のガリア戦記 Gaius Julius Caesar (講談社学術文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
ガリア戦記 (平凡社ライブラリー664)
Amazonでカエサル, 石垣 憲一のガリア戦記 (平凡社ライブラリー664)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
タイトルとURLをコピーしました