読書会(勉強会) カウントダウンコラム

16年7月9日(土)勉強会まで5日

この記事は約2分で読めます。

映画で「純粋な情熱」が核だなって実感したもんざです。

近所の図書館で名作映画の無料上映会をしているので、少し気になる作品は、見に行っています。今日は、「フランシスコと二人の息子」という1960年代のブラジルを舞台にした映画を見ました。カポエイラというブラジル発祥のスポーツが趣味なので、興味を持ちました。

この映画はブラジルのトップミュージシャンの半生を描いた内容で、典型的なサクセスストーリー、ハッピーエンドの物語です。

主人公の幼少時代の風景やエピソードが特に印象的でした。牧歌的な片田舎の田園風景が非常に美しかったことや、流れるカントリーミュージックも心に染みる響きで癒されました。バスターミナルで主人公と弟がアコーディオンとギターを弾きながら天使の歌声でハーモニーを聞かせてくれる場面では涙がでましたよ。

実は、喜劇よりも悲劇の方が好きだったりするのですが、喜劇は見た後味がさっぱりしていてラクでいいですね。

さて。無理矢理、課題につなげてみます。
課題図書では「目指したいものに向かう純粋な情熱」と「自己肯定感」が核だと書かれていました。

私が見た映画の主人公は、歌手として大成功したのですが、子どもの頃は音痴と言われ、楽器もずっと下手でした。でもやはり音楽が好きで、ずっとずっと人に何と言われようと練習し続けていたんですね。この姿勢に私は本当に背中を押される気持ちになりました。だって私自身、カポエイラが好きだけれども上手くならなくて、自分が信じられなくなることがあります。

だからといってカポエイラを止められるか?と聞かれたら、もちろん止められないんですよね。だったらムダに悩むのを止めようと、ホントに思いました。自分で自己肯定感を下げてどうするのよ?って話です。「目指したいものに向かう純粋な情熱」を持っていることは分かっているので、これを大事に育てよう!と気づくことができました。

いやあ、映画ってホントにいいもんですね。(By水野晴郎 懐かしい!)

のーさん、Yokoさん、ご登録ありがとうございました。

■参加者■2016/7/9現在
1.もんざ
2.キイチさん
3.黒猫のミッツさん
4.K1nishiさん
5.TSUNAMIさん
6.Robertさん
7.日々更新さん★
8.お疲れ、のーさん
9.世界で活躍YOKO3さん
(★は初参加)

では、また明日もよろしくお願いします(^^)

タイトルとURLをコピーしました