読書会(勉強会) カウントダウンコラム

16年7月8日(金)勉強会まで6日

この記事は約3分で読めます。

TEDって本当にスゴイんだなと思ったもんざです。

品川のコクヨショールームで行われたコクヨメッセに行ってきました。
「5つのスキルチェックからみる価値を生み出す人材のポイント」という30分のショートセミナーが面白そうだったので応募したら当選しました、とのお知らせが来たのです。

講師は河内律子(かわちりつこ)さん。(コクヨ株式会社ワークスタイル研究所 コンサルタント MANA-Biz 編集長)金曜の15時半からで参加者は50名弱でした。他のテーマのセミナーに参加していないので、比較はできないのですが、このテーマに興味を持つ人が多いという印象を持ちました。

河内さんの30分セミナーは、きれいに内容がまとまっていて、進行も時間通り。彼女が実際にインタビューしてきた企業家や著名人のエピソードを事例として紹介し、締めの言葉にドラッガーを引用してまとめ(誰でも価値を生み出せる)、最後にMANA-Bizというコクヨさんが運営している情報サイトへのアクセスを促して終了でした。

MANA-Biz(マナビズ)|ビジネスパーソン向け学びの情報サイト
http://www.mana-biz.net/

彼女の提案する5つのスキルチェックは、こちらです。
1、知見を広げる努力をしているか
2、自分で考えているか
3、巻きこみ力はあるか
4、失敗を恐れていないか
5、ゼロからの行動力はあるか

こちらがYESなら価値を生み出せる人材と言えるそうです。

どれもごもっとも、という感じで全く反論はありません。
ただ、何だか当たり前過ぎてツマラナイなぁと感じたのも事実です。

そこで冒頭の話に戻るのですが、あらためてTEDスピーチとどこが違うんだろう?と不思議になったんですね。
河内さんは一生懸命に観客を巻き込もうとしたけれども、イマイチ一体感が得られていなかったように思います。
彼女が実際にインタビューした時の話をもっと聴きたいな、と感じたのですよね。
まぁお客さんもTEDみたいに感動を求めて参加しているわけじゃないから、講演者にとって条件は甘くないでしょうけど。

そうか!企業家が直接体験談を聞かせてくれるわけではなく、河内さんが「こんな話を聴いたんだけど」って話しているから、薄まってる感じがするんですね。
この文章を書いていて気づきました。なるほどね。。。しかしコクヨ製品をお土産にどっさりもらってビックリでした。けっこうお金かけたイベントになってる気がしました。そしていろいろなコクヨ製品の展示を見ている間中「Winner-Takes-All」ってフレーズが頭の中で響いてました。

あ、あとやっぱり勝間塾月例会って内容が濃いんだな、ということも改めて実感しました。

さて。現在のお申込者数は9名です。
進捗報告と自己紹介がお済みでない方はそろそろ準備しましょうね。

■参加者■2016/7/8現在
1.もんざ
2.キイチさん
3.黒猫のミッツさん
4.K1nishiさん
5.TSUNAMIさん
6.Robertさん
7.日々更新さん★

↑フォーム申込有
-------
↓フォーム申込未完了

8.お疲れ、のーさん
9.世界で活躍YOKO3さん
(★は初参加)

ではまた明日もよろしくお願いいたします(^^)

タイトルとURLをコピーしました