読書会(勉強会)カウントダウンコラムZoom読書会

陰口を言う人

読書会(勉強会)
この記事は約3分で読めます。

裏で私も何が言われてるんだろうな、と思ったもんざです。久しぶりに飲み会+カラオケというコンビネーションを経験しました。非常に学びと気づきが多かったのは、メンバーにbackbiter(陰口をいう人)がいたからです。数年前に一緒に飲んだ時も、「この人はゴシップ屋だな、気を付けよう」と私の中で赤信号が点滅しました。今回も、相変わらずのbackbiterっぷり。どんな心理でそうなっちゃうのか不思議になって調べたところ、こんなサイト(悪口ばかり言う人の5つの末路)を見つけました。

  • 寂しがり屋でかまってほしい
  • ネガティブ思考で被害妄想が激しい
  • 負けず嫌いでプライドが高い
  • 固定概念が強く偏った人格をしている
  • 人によって態度をコロコロ変える

こういうタイプではないですか?という記述があって、とても勉強になりました。特に「共通の敵を作り、仲良くなりたい」という心理から陰口を言うのだ、という分析には、まさにそうかもしれない、と思ってギョッとさせられました。どこかのタイミングで自分で気づいてくれたらいいんですけどね。

自分の殻に閉じこもると悪循環に

今月の読書会で私はドストエフスキーの「地下室の手記」を紹介予定です。地下室男さんは、まさに「悪口ばかり言う人」の特徴にぴったり当てはまります。

ところが、あの連中ときたらどいつもこいつも薄のろで、おまけに群れの中の羊みたいに互いにそっくりなのだ。ひょっとすると役所の中で、自分は臆病な奴隷なのだという気が絶えずしていたのは、ただ一人、俺だけだったかもしれない。そんな気がしていたのは、まさに俺の知性が発達しているからである

 「地下室の手記」 (光文社古典新訳文庫) ドストエフスキー  (著), 安岡 治子 (翻訳) 

自分だけが優秀で、ほかの人はみんな、どうしようもない、という思い込み。自分の殻に閉じこもって、他の人と交流しないと、さらにその思い込みは強化されていきます。けっこう救いがないかんじになっちゃいますね。

今日も読んでくださってありがとうございます。
明日もどうぞよろしくお願いします。

参考

ひきこもり回想録『地下室の手記』
・親戚の遺産 6000p=600万円
・豪華な食事代 7p=7000円
・馬車代 50k=500円
・運命の5ルーブル=5000円

ドスト作品中の貨幣価値考察 (ブログ:アンテクと駅長)

参加者(2名)と共有予定の本

  1. もんざ (主催者) 「地下室の手記」 (光文社古典新訳文庫) ドストエフスキー  (著), 安岡 治子 (翻訳) 
  2. にしやまさん「ふつうのエンジニアは「営業」でこそ活躍する」時光さや香(著)技術評論社
地下室の手記 (光文社古典新訳文庫)
世間から軽蔑され虫けらのように扱われた男は、自分を笑った世界を笑い返すため&...

世間から軽蔑され虫けらのように扱われた男は、自分を笑った世界を笑い返すため、自意識という「地下室」に潜る。世の中を怒り、憎み、攻撃し、そして後悔の念からもがき苦しむ、中年の元小官吏のモノローグ。終わりのない絶望と戦う人間の姿が、ここにある。後の5大長編へとつながる重要作品であり、著者の思想が反映された主人公の苦悩をリアルに描いた決定訳!

<内容:アマゾン商品説明より>  「地下室の手記」 (光文社古典新訳文庫) ドストエフスキー  (著), 安岡 治子 (翻訳) 
ふつうのエンジニアは「営業」でこそ活躍する ~セールスエンジニアとして最短で評価される方法
Amazonで時光 さや香のふつうのエンジニアは「営業」でこそ活躍する ~セールスエンジニアとして最短で評価される方法。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

「IT技術にくわしいのはあたりまえで、だれにも評価されない」エンジニアの知見を持つ「あなた」だからこそ、商談で求められています。商談中の技術的な意思決定をサポートし、お客様の問題解決と売上に貢献するセールスエンジニア職。キャリアチェンジしてから、商談で活躍できるまでの最短ルートを、子育てと両立しつつ外資系企業で売上年間目標を100%達成した著者がお教えします。

<内容:アマゾン商品説明より> 「ふつうのエンジニアは「営業」でこそ活躍する」時光さや香(著)技術評論社
タイトルとURLをコピーしました