読書会(勉強会)カウントダウンコラムZoom読書会

「未完の資本主義」第5章 コーエンは現代の民主主義に疑問を感じている

読書会(勉強会)
この記事は約5分で読めます。

4月の読書会(第117回ZOOMで読書会)で、私はこちらの本を共有する予定です。今回は、第5章タイラー・コーエン氏のお話から気になったところを共有します。

「未完の資本主義 テクノロジーが変える経済の形と未来」 (PHP新書) ポール・クルーグマン ほか(著))
[音声DL付]「英語で理解する 未完の資本主義」(アルク)大野 和基 (著)

反民主主義じゃないから民主主義

日本での知名度は高くありませんが、エコノミストが実施したアンケートで過去10年間で最も影響力のある経済学者の1人であるコーエン氏。彼も第1章で登場したクルーグマン氏と同様に、資本主義に変わるシステムはない、といいます。そして日本の最大問題は少子化で、それがイノベーションの誕生を阻害しているのだと。

彼の話で一番面白かったのは、民主主義についての部分ですね。

民主主義はかつてないほど強固だが、人々が単に愚かなことを求めているだけだと言うことはできます。つまり、人々がブレグジットに賛成票を投じたわけでしょう。それが民主主義だったのです。私はそう思いたくありませんが。しかし、それを反民主主義と呼ぶことはできません。
But one way to put it is: Democracy has never been stronger, it’s just that the people want to stupid things. I mean, Brexit, people coted for it, right? That was democracy. I disagree. But you can’t call it antidemocratic.

[音声DL付]「英語で理解する 未完の資本主義」(アルク)大野 和基 (著) 第5章タイラー・コーエン

この部分を聴いて、オルテガの「大衆の反逆」を思い出しちゃいました。

次回は、第6章を共有します。

今日も読んでくださってありがとうございます。
明日もどうぞよろしくお願いします。

もくじ

  • 第1章 ポール・クルーグマン(ノーベル賞経済学者)――我々は大きな分岐点の前に立っている 
  • 第2章 トーマス・フリードマン(『フラット化する世界』著者・NYタイムズコラムニスト)――「雇用の完新世」が終わり「人新世」がはじまる
  • 第3章 デヴィッド・グレーバー(文化人類学者・ウォール街占拠運動の理論的指導者)――職業の半分がなくなり、「どうでもいい仕事」が急増する 
  • 第4章 トーマス・セドラチェク(『善と悪の経済学』著者・チェコ共和国経済学者)――成長を追い求める経済学が世界を破壊する
  • 第5章 タイラー・コーエン(ジョージメイソン大学教授・経済学者)――テクノロジーは働く人の格差をますます広げていく ←いまココ
  • 第6章 ルトガー・ブレグマン(ジャーナリスト・歴史家)――ベーシックインカムと1日3時間労働が社会を救う
  • 第7章 V・M=ショーンベルガ―(オックスフォード大学教授・ビッグデータの第一人者)――「データ資本主義」が激変させる未来

Tyler Cowen is Holbert L. Harris Professor of Economics at George Mason University and also Director of the Mercatus Center. He received his Ph.d. in economics from Harvard University in 1987. His book The Great Stagnation: How America Ate the Low-Hanging Fruit of Modern History, Got Sick, and Will (Eventually) Feel Better was a New York Times best-seller. He was recently named in an Economist poll as one of the most influential economists of the last decade and several years ago Bloomberg BusinessWeek dubbed him “America’s Hottest Economist.” Foreign Policy magazine named him as one of its “Top 100 Global Thinkers” of 2011. His next book, about American business, is due out in 2019. He has blogged at Marginal Revolution every day for almost fifteen years.
タイラー・コーエンは、ジョージ・メイソン大学のホルバート・L・ハリス経済学教授であり、メルカトゥス・センターの所長。 彼は博士号を取得しました。 1987年にハーバード大学で経済学を専攻。彼の著書「大停滞」は、ニューヨークタイムズのベストセラーでした。 彼は最近、エコノミストの世論調査で、過去10年間で最も影響力のあるエコノミストの一人として指名され、数年前、ブルームバーグビジネスウィークは彼を「アメリカで最もホットなエコノミスト」と呼んだ。 フォーリンポリシー誌は彼を2011年の「トップ100グローバルシンカー」の1人に指名しました。彼の次のアメリカのビジネスに関する本は2019年に出版される予定です。彼はほぼ15年間毎日マージナルレボリューションでブログを書いています。

出典: タイラー・コーエンTyler Cowen公式サイト (参照 2021-04-15)

tyler cowen Twitter

大停滞
世界同時不況はなぜ起きたのか? 私たちの未来に、この「大停滞」を克服する処方箋はあるのか? インターネットなどのイノベーション(技術革新)は、新たな経済成長をもたらすことができるのか? 2011年1月にアメリカで刊行されるや否や、政策形成関係者や経済論壇でさまざまな議論を巻き起こし、論争の焦点を変えた話題の書。 「本書...
インセンティブ 自分と世界をうまく動かす
実は、経済学の核となる概念はカネではない。「インセンティブ」である。簡単に言えば、人間に行動を起こさせるものーーその活用術を、子供への家事手伝いのやらせ方、会議のやり過ごし方、歯科医のおだて方、マラケシュでのガイドの雇い方を例に、とことん魅力的にお教えします。 読者は、意外にも高等技術は、自分にも他者にも安易にインセン...
大格差:機械の知能は仕事と所得をどう変えるか
テクノロジー失業に陥らないために何をなすべきか? 近年の世界的な富裕層と貧困層の格差拡大の根底には「経済のグローバル化」「テクノロジーの進化による生産性の向上」「停滞した産業と活力のある産業の二極化」という抗うことのできない変化がある。 本書では、飛躍的な進化を遂げるテクノロジー=機械の知能に注目し、技術革新が未来の雇...
大分断:格差と停滞を生んだ「現状満足階級」の実像
大分断:格差と停滞を生んだ「現状満足階級」の実像

読書会の参加予定(3名)

  1. もんざ (主催者)「未完の資本主義 テクノロジーが変える経済の形と未来」 (PHP新書) ポール・クルーグマン ほか(著) 
  2. にしやまさん「英語独習法」 (岩波新書) 今井 むつみ  (著)  
  3. Cai Linさん「 Atomic Habits 」 James Clear 著  (ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣 ジェームズ・クリアー (著)  ) 

共有予定の本

未完の資本主義 テクノロジーが変える経済の形と未来 (PHP新書)
経済学者シュンペーターは「資本主義の欠点は自ら批判されたいと願っている点だ&...
[音声DL付]英語で理解する 未完の資本主義
Amazonで大野 和基の英語で理解する 未完の資本主義。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
英語独習法 (岩波新書)
英語の達人をめざすなら,類義語との違い,構文や文脈,共起語などの知識に支え&...
Atomic Habits: An Easy & Proven Way to Build Good Habits & Break Bad Ones (English Edition)
Atomic Habits: An Easy & Proven Way to Build Good Habits & Break Bad Ones (English Edition) by Clear, James. Download it once and read it on your Kindle device...
ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣
潜在能力を発揮するために 本書は学術研究論文ではなく、実践マニュアルである。...
タイトルとURLをコピーしました