読書会(勉強会)カウントダウンコラム

読書会まで7日 第一部:大衆の反逆 6:大衆人解剖の第一段階

当記事には広告が含まれている場合があります
当記事には広告が含まれている場合があります
読書会(勉強会)
この記事は約2分で読めます。

今月、私は「大衆の反逆」にチャレンジ中。今回は、第一部:大衆の反逆 「第6章:大衆人解剖の第一段階」 から、気になったところについてメモしておきます。

飢饉がひき起こす暴動では、一般大衆はパンを求めるのが普通だが、その際に彼らが用いる手段といえば、こともあろうにパン屋を破壊することである

(第一部:大衆の反逆 第6章:大衆人解剖の第一段階「大衆の反逆」オルテガ著 )

「大衆の反逆」ホセ・オルテガ・イ・ガセット (著), 桑名一博 (翻訳)

文明を破壊する大衆

第6章で、オルテガは19世紀と比較することで、20世紀の大衆の特性を浮き彫りにします。

  • ・大衆はまるで甘やかされた子供の心理を持ち、傲慢になっている
  • ・大衆は知性がかなり低い
  • ・文明の恩典だけを享受しようとする
  • ・文明の維持に必要な努力・注意から目をそらす

その結果として、自分たちが恩典を受けている文明を、自ら破壊するような倒錯した行動をとるのだ、というのです。かなり辛辣な口調なのです。

でも、当然、これは現代の読者である私たちに向けられた言葉ではありません。当時、スペインの新聞の論説として書かれていたんですから。

そういうことを考えると、「ひどいことになっちゃってるよ。何とかしようよ」というオルテガから市民へ向けた強い問題提起なのだということが良く分かりました。

参加者(6名)

  1. もんざ (主催者)「大衆の反逆」オルテガ (著)
  2. たろうさん 「アフターデジタル2 UXと自由」藤井 保文  (著)
  3. あさはらさん「こころ」夏目漱石 (著)
  4. にしやまさん「グイン・サーガ」五代ゆう(著)
  5. maru(まる)さん「世界はシステムで動く」ドネラ・H・メドウズ(著)
  6. Treeさん「FIRE 最速で経済的自立を実現する方法」グラント・サバティエ(著)

共有予定の本

https://amzn.to/2Cqxx3x
アフターデジタル2 UXと自由
デジタルが隅々まで浸透した「アフターデジタル」社会。日本はその社会に向けてゆっくりと進んでいましたが、コロナ禍で状況は一変し、速度を上げてアフターデジタル社会に突き進んでいます。 多くの日本企業は「DX戦略」で活路を見いだそうとしていますが...
こころ
明治期の文学者、夏目漱石の長編小説。「東京朝日新聞」「大阪朝日新聞」[1914(大正3)年]。「先生と私」「両親と私」「先生と遺書」の3部からなる晩年の傑作。親友Kを裏切って好きな女性と結婚した罪を負う先生の行く末には絶望と死しかない。「こ...
闇中(あんちゆう)の星 グイン・サーガ147 (ハヤカワ文庫JA)
〔グイン・サーガ147〕アルド・ナリスの妖しい力を前に、グイン一行はいったんクリスタルを離れることにする。しかしそこに新たな闇の脅威が襲いかかる! 一方、ヴァラキアでは、ボルゴ・ヴァレンがクリスタルへの派兵を画策し、モンゴールでは、イシュト...
https://amzn.to/3fOPzLK
https://amzn.to/3kIcP0z
タイトルとURLをコピーしました