本よみました

ジャン・エシュノーズの「稲妻」でニコラ・テスラを知りました

この記事は約2分で読めます。


図書館の新着本コーナーで装丁に惹かれてエシュノーズの本を手に取りました。
「稲妻」
ジャン・エシュノーズ作
内藤伸夫訳
近代文藝社
科学者ニコラ・テスラの生涯が描かれています。
伝記は普段あまり読まない私ですが、
内藤さんの翻訳している文体が奇妙なリズム感があり、
最後まで飽きずに読み進めることができました。
主人公の行動と状況の描写に加えて、作者の感想も織り込まれ、
細切れの台詞も入るのです。
例えば、主人公のグレゴール(テスラという名前では描かれていません)が、
自ら巨額の権利金を手放してしまう場面など。
【言い終わると、グレゴールは厳かに契約書を破いた。こういうふうに、
彼のほうから不遇を招くこともある。もう一杯いかが?】(P.71より引用)
まるで、映画をみているように物語に親しめたので、
エシュノーズさんの他の作品も、読みたい本リストに追加しました。
そして、エジソンの下で働いていたという、科学者ニコラ・テスラについても、
もう少し掘り下げてみようと考えています。
この本の中でエジソンは、
【トーマス・エジソンは粗野で、猫背の、不器用な、感じの悪い男で、
歩くときは足を引きずり、視線は落ち着きがなく、いつも妻の作った、ベージュ色というべき色か
あるいは栗色というべき色の上っ張りに包まれ、首もとまでボタンをかけているのだった。】(P.15)
と描写されています。
エジソンが処刑用の電気椅子を作ったということも、この本を読んで初めて知りました。
伝記って小学生の頃に読書感想文を書くために読まされたので、
マイナスイメージがくっついちゃってるんだな、ということにも気づかされました。
エジソンの伝記も読んでみます。

タイトルとURLをコピーしました