読書会(勉強会)カウントダウンコラムZoom読書会

読書会までラスト9日/人間ドラマ

当記事は広告が含まれています
当記事は広告が含まれています
読書会(勉強会)
この記事は約4分で読めます。

ゆとりを作らないとなぁと思うもんざです。

ここのところ、時間が足りない日が多いのですが、そうなると、ついイライラします。

自分の思うように事が進まないと、ため息がでます。

負のループに落ちないようにするには笑うしかない。

何を見て笑おうかなぁ。

進捗報告

さて、今月みなさんと共有したいのは、こちらです。「二つの祖国」

第一巻では、アメリカで強制収容所に入れられた日系人たちの苦悩が描かれます。

第二巻は、合衆国への忠誠を示すために、米軍に志願する日系人たちの物語になります。

ここでは主人公の兄弟たちが、フィリピンと米国で戦います。

大岡昇平の「俘虜記」もフィリピン戦を舞台に描かれていますが、二つの祖国はかなりドラマチックな構成になっています。

ドキドキハラハラする展開が盛り込まれているので、飽きません。

1980年から1983年まで週刊新潮に連載されていた小説だったことを考えると頷けます。

実際に出兵した大岡が描いた俘虜記は淡々と描かれているので、二つの祖国とはかなりトーンが違う。

そちらを先に読んでいることで、ドラマと史実を混同せずに距離をとって読めたかなと思います。

とはいえ人間ドラマは面白いです。

究極の状態で、どんな選択をすべきなのか。

身近な人が自分を理解してくれないとき、どうしたらよいのか。

この小説に答えがあるわけではないけれど、考えながら読むと楽しいです。

今日も読んでくださってありがとうございます。
明日もどうぞよろしくお願いします。

参加者(3名)

  1. もんざ「二つの祖国」山崎豊子著 新潮社
  2. にしやまさん『60代からの資産「使い切り」法 今ある資産の寿命を伸ばす賢い「取り崩し」の技術』 野尻哲史(著)日経BP
  3. 山口さん「最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法」メンタリストDaiGo (著)学研プラス

お申込みURL

お申込みはこちらからどうぞ。

共有予定の本

二つの祖国(一)(新潮文庫)
Amazon.co.jp: 二つの祖国(一)(新潮文庫) 電子書籍: 山崎 豊子: Kindleストア

著者の言葉
日系二世こそ、父祖の国日本と、母なる国アメリカの、二つの祖国の間(はざま)に迷い、
太平洋戦争勃発で最も苦悩した人々といっていいであろう。
「二つの祖国」の主人公と、その家族、最愛の女性(ひと)が遭遇したような戦争の悲劇は、
二度と繰り返されてはならないという願いをこめたこの作品は、私の“戦争と平和”であるともいえる。
(「私の“戦争と平和”「山河燃ゆ」によせて」より)

<内容:アマゾン商品説明より>「二つの祖国」山崎豊子著 新潮社
60代からの資産「使い切り」法 今ある資産の寿命を伸ばす賢い「取り崩し」の技術
【内容紹介】 ・2800万円の老後資金で、4000万円分引き出すには? ・「毎月、定額を引き出す」はなぜキケン? ・60代70代は「率」で、80代からは「額」で引き出す ・話題の新NISA、60代からはどう使えばいい? ・インフレになったと...

現役時代に築いた資産を、どのように運用しどのように使っていけば、リタイア後の生活を長く安心に楽しむことができるか?     
本書は、日本ではあまり語られなかった安心な「取り崩し」の技術について、運用会社で投資教育を長年行ってきた著者が解説します。   

「年3%で運用し、年4%取り崩す」「60代70代と80代以降では使い方を変える」「いざという時に役立つバッファー資産の考え方」など、今日から取り入れられる具体的なアドバイスも満載です。

<内容:アマゾン商品説明より>『60代からの資産「使い切り」法 今ある資産の寿命を伸ばす賢い「取り崩し」の技術』 野尻哲史(著)日経BP
https://amzn.to/3Ny9SiY

やってはいけない!7つの勉強法。1.ハイライトまたはアンダーライン。2.語呂合わせ。3.テキストの要約。4.テキストの再読。5.集中学習。6.自分の学習スタイルに合わせる。7.忘れる前に復習する。いずれも、多くの学校や予備校で教えられているテクニックばかりです。いったい、これらの定番勉強法のどこに不備があり、なぜやってはいけないのでしょうか?本書でこれから一つずつ解き明かし、それに代わる「本当に使える勉強法」をお教えしましょう。「先生に教わったやり方」を根底から覆す、科学的なメソッド35。入学試験、資格試験、昇進試験、検定試験、すべての試験で効果抜群! 

<内容:アマゾン商品説明より>「最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法」メンタリストDaiGo (著)学研プラス
タイトルとURLをコピーしました