哀sadやってみようTrial&Error益Useful

GCQあけまで6日 関節リウマチ

当記事には広告が含まれている場合があります
当記事には広告が含まれている場合があります
哀sad
この記事は約4分で読めます。

離れて暮らしている父から、関節リウマチの診断を受けた、とLINEで連絡がありました。(血液検査の結果の画像つきで)

どのような病気か、対処法、治療法などを調べて、家族で共有したので、備忘記録として残しておきます。(なお、私は医療従事者ではないため、情報はインターネットで収集したものになります)

原因は不明

関節リウマチそのものは、悪性でない限り、投薬、食事療法、運動で症状を緩和できるようです。こわいのは免疫低下で、肺炎などの感染症にかかること。
筋力UPと免疫を上げる工夫をする必要があります。

原因不明ではあるが,関節炎の発症メカニズム(仕組み)が明確になってきたため,薬物治療によって症状を緩和させ,運動障害や変形も防止することができるようになってきたので,日常生活や職業復帰も可能である。多くの抗リウマチ薬および抗炎症剤がある。

“関節リウマチ”, 世界大百科事典, JapanKnowledge, https://japanknowledge.com , (参照 2020-06-09)

患者の血縁者にはこの病気の頻度が高く、遺伝的素因が発病に関与していると考えられる。肉体的・精神的な疲労、住居の湿潤、寒冷、感染、外傷などが発病の誘因としてあげられる。女性に多く(男性の3、4倍)、とくに30~50歳代によくみられる。

“関節リウマチ”, 日本大百科全書(ニッポニカ), JapanKnowledge, https://japanknowledge.com , (参照 2020-06-09)

父は79歳で男性ですが、血液検査データを見る限りでは、リウマチみたい。
肩が痛くて、整形外科に通っているとは聞いていたのですが、まさかリウマチとは。

対策(栄養と運動)

①魚(イワシ、さんま、さばなど)を意識して食べる
*青魚に含まれるオメガ3不飽和脂肪酸→ 炎症を抑える

②適度な運動
*筋力低下を防ぐ

詳しくは、こちらを読むのが一番かも。

治療を受けながら、日常生活では、栄養と運動に留意して生活することになります。
恐らく、医師から詳しく説明を受けるでしょうけれど、生活習慣に関することは、本人の意志力と家族のサポートがなければ、継続は難しいでしょう。

母が父を一生懸命サポートするだろうと思うのですが、母も慢性病があるので、大変なこともあるかも。何かあれば、妹や弟が近くに住んでいるので、電話して相談して病院に付き添ってもらうこともできるでしょう。そういう意味では、私は役に立たないからなぁ。

私個人の意見

食事療法が重要なのは分かったけれど、サプリメントも併用したほうが良さそう。東京リウマチクリニックのサイトをみると、かなり丁寧に説明されていて、説得力があります。

個人的には、食事で補えないたんぱく質をホエイプロテインで摂取してもいいんじゃないかと思うのですが、それに関する記述は見当たりませんでした。骨粗しょう症を予防するために活性型ビタミンDとカルシウムのサプリメントはおススメされていたので、明日さっそく自分の分を買いに行こうと思います。

参考

東京リウマチクリニックのサイトは、情報が充実していて、分かりやすいです。

リウマチ患者さんと食生活(東京リウマチクリニック)
リウマチの症状を緩和する食べ物の一覧もあり、注意点が具体的

リウマチ患者さんの食事と栄養、運動 / 東京リウマチクリニック健康教室
13分の動画で食事、栄養、運動について理解できます

富山県・リウマチの専門治療が可能な病院
検索すれば各地域の専門病院を見つけられます

関節リウマチを知る〜早期発見・治療で「治る」時代へ
約8分の動画で症状と治療法などが理解できます

雑談

**2020年3月16日にフィリピン政府からアナウンスがあって、マニラは3月17日(火)から4月12日(日)までEnhanced Community Quarantine (ECQ)を実施中だったが、4月7日(火)に4月30日(木)まで延長が決定。4月24日(金)に発表があり、5月15日(金)まで再延長が決定。5月13日(水)に発表があり、検疫体制をMECQ(Modified Enhanced Community Quarantine)に変更し5月31日(日)まで行うと発表。5月16日(土)規制が緩和されショッピングモールの営業が開始。6月1日(月)GCQ(一般的なコミュニティ隔離措置)がスタート。6/15に終了の予定。

6/9(火)帰宅して家の鍵を開けようとしたら、鍵が回らない。あれ?と思って周囲を見回したら、お向かいのお宅にドアがあることに気づいて気持ち悪くなった。その位置にドアはないはずだから。自分の頭がおかしくなったのかと思って、念のため、エレベーター前に戻ってフロアマップを確認して、ここが自分が住んでいる階じゃないことを発見。降りるフロアを間違えていたのだ。というか、階数ボタンを押すところから間違えていたのだ。ちょっと異次元に迷い込んだのかと思って面白かったけど、注意力が低下している証拠だから、色々と気をつけなくちゃいけないかも。朝、フライパンも焦がしたし。

タイトルとURLをコピーしました