ふとした気づき

猫背にならない座り方

この記事は約1分で読めます。

椅子に浅く腰掛けることが、猫背にならないポイントだと気づいたもんざです。
座ったまま楽器を弾くことがあります。
その場合に、私が何度も先生に注意されることは、この5つ。
・猫背にならない
・肩の力を抜く
・リラックスして楽しむ
・自分の楽器は見ない(うつむかないで前を見る)
・音をよく聴く
分かっているつもりなのに、どうしても猫背になる。
困ったな・・・と思って、姿勢が良い、と先生に褒められた人を観察すると、共通点がありました。
椅子に浅く腰掛けているのです。
私と同様に姿勢が悪い、と注意された人は深く腰掛けていて、
骨盤が後傾していることに気づきました。
驚きました。これか!と。
椅子の座面の奥までお尻をのせて、背もたれに背中を預けると必ず猫背になります。
座面の前方の端にちょうど足のつけ根がくる位置で座り、骨盤を立てることを意識すると自然と背中が伸びます。
姿勢を良くする座り方について知識はあったのですが、ようやく実際に自分の身体で理解しました。
大きな宝箱の鍵をひとつ、手に入れた気分です。
うれしいな。

タイトルとURLをコピーしました