ふとした気づき

ふとした気づき ふとした気づき
ふとした気づき

知り合いと友達のちがい

「知り合いと、友達の境目が分からない」と呟いたら、Kさんが「自分から会って話したくなるのが友達で、そうじゃないのが知り合い」という絶妙な基準を示してくださった。 なにをムダと考えるか 分かりやすい基準だ、と思う反面で、「自分から会って話した...
やってみよう

森の生活ウォールデン、岩波、小学館、講談社、どれを読む?(kindle比較)

ソローの「森の生活」を読みたくなりました。でも、いざ読もうとしたら、翻訳版が複数あります。どれが良いの?そんなわけで、ウェブサイトで読める青空文庫と3種類のkindle本サンプルをダウンロードして比較してみました。(講談社は残念ながらKin...
読書感想

告白ってなんだ?なぜ告白したくなるのか

ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」のキーパーソンの一人にゾシマ長老がいます。若い頃に大失敗をしたものの、何とか失敗をリカバリーして宗教的な生活を始めようとした頃に、ある人物との出会いがあります。ゾシマを熱心に訪ねてくるようになったのは、...
ふとした気づき

私も自己管理できてなかったという話

長時間、韓国ドラマやホラー映画を観て睡眠時間を削っている母を心配していた。先日、久しぶりに帰省したときに見た、ベッドで寝転んでタブレットやスマホの画面にくぎ付けになっている様子は、テレビゲームに夢中になっている子どもと変らない。 体調が良く...
ふとした気づき

Google翻訳で遊ぼう

ショッピングモールのお手洗いを利用した時に、トイレットペーパーが切れていたので、スタッフの人に声をかけました。すると「Sorry!〇〇〇!(タガログ語)」とのお返事が。謝られたことは分かったけど、〇〇〇!(タガログ語)の部分は意味が分かりま...
喜joy

身近な家族にこそ、愛情をさりげなく伝えよう

母からのLINEメッセージにホロリとしたもんざです。朝いちばんに何だろう?と思ったら、こんなのが来てました。 母より 私のかわいい娘よ~おはようさん(^^) 母70歳、娘50歳ですから笑っちゃいますよね。でも本当に胸が熱くなるというか、涙が...
ふとした気づき

【教訓】誰かが自分の気に入らない髪の色をしていても、わざわざ、それを本人に言わないこと。

容姿に関する発言は難しいなぁと思ったもんざです。リアルの忘年会で1年以上ぶりに会った人に、髪の色を変えた理由を聞かれました。白髪染めの色を黒から赤茶色にしたので、かなり明るい髪色になってイメージが違ったようです。 衝撃の質問 単純な気分転換...
やってみよう

読了(神曲 天国篇)書くことで恨みを晴らしたダンテ

ようやくダンテの「神曲 天国篇」を読み終わりました。地獄篇、煉獄篇、天国篇を通して全部読んだ感想は、単純だけど、ダンテってやっぱりすごいなってこと。確かに、これは数百年に渡って各国で読み継がれるだけの価値はあるし、この先もその価値が減じるこ...
やってみよう

jonesing forの語源を調べてみた

ピクミン・ブルームをやってみようかな、と思って情報収集をしていたら、ニンテンドーライフというサイトにレビュー記事(英文)を見つけました。そこで、初めてjonesing forという動詞の用法を見たので語源が気になって調べてみました。 Pre...
やってみよう

人はなぜ踊るのか(神曲 天国篇 第二十五歌)

現在、ダンテの「神曲 天国篇」を読んでいます。今回は第二十五歌を読んで、気になった一文を深読みしてみます。 踊る聖人たち 第二十五歌でダンテは聖ヤコブの試問を受けることになります。その問いとは「希望とは何か」というもの。上手に答えられたダン...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました