本よみました

ピグマリオン

この記事は約2分で読めます。

「ピグマリオン」を読んで、
映画の「マイ・フェア・レディ」を見たくなったもんざです。
何がきっかけだったのか忘れてしまったのですが、
オードリー・ヘップバーン主演で有名な映画
「マイ・フェア・レディ」は、原作とエンディングが違う、
ということを知りました。
それでちょっと興味が出て、図書館で本を借りて、
読んでみました。
手に取ってみるまで戯曲だとは知りませんでしたが、
小田島さんの訳も読みやすく、各ページについている脚注も分かりやすいので
楽しく、ぐんぐん読めます。

そういえば、先日、ハクスリーの「すばらしい新世界」を読んだのも
光文社の古典新訳文庫でした。

このシリーズを1冊づつ読んでいくと
新たな発見がありそうな気がします。
サポートメールのブックレビュー本
「その科学があなたを変える」も、ようやく読み終わりました。

この本は図書館で借りてはいけない本でしたね。
ご自分で購入された方は本当にビリビリとページを破ったのでしょうか。
私も破りたいから買おうかな(笑)
ピグマリオンの主人公イライザは、努力して言葉づかいや
服装をあらためて貧しい生活から抜け出しました。
ワイズマン博士の本にも、自分をより良く変化させるためのヒントが
いくつも書かれていました。
「言葉を変えることで、行動が変わる」
「楽しいから笑うんじゃなくて、笑うから楽しいんだ」
などなど。
今年の私のキーワードは「リラックス」と「原点回帰」なのですが、
読みながら、妙に関連づけて考えている自分にちょっと笑いました。

タイトルとURLをコピーしました