読書感想カウントダウンコラムZoom読書会

読書会までラスト3日/2023年3月読書会の感想

当記事には広告が含まれている場合があります
当記事には広告が含まれている場合があります
読書感想
この記事は約5分で読めます。

3月の読書会にご参加いただいた方からのフィードバックを共有します。(第140回(3月25日)が気になる方はこちら)Googleフォームにご記入いただき、ありがとうございました!(第140回の読書会終了/ 客観的に自分と対話する)

参加して得たもの

  • ディクテーションの大切さ 英語の勉強に取り入れようと思います。
  • 頭の中の独り言、みんな言ってるんだなという気づき
  • 嫉妬を気をつけなくてはならないということ(日本独特のものとのこと)
  • 小説をネタバレにならないようプレゼンする方法。キーワードを抜き出す方法がよいなと思いました。
  • Chatterという言葉は造語。頭の中のひとりごとを最強のコーチに変える方法(俯瞰する、他人の経験を知る)。自分を「あなた」「●●さん」と話しかけてみることをやってみます。
  • お金の「減らし方」という発想。人、本、旅への投資。これを改めて再認識しました。
  • お金に対する新たな知見:FIREについての誤解(にしやまさんの本から)
  • 国語力格差という概念を知った(じょあんなさんの本から)
  • オウム事件を再考したくなった(清宮さんの本から)

そのほかのご感想

  • 色々勉強になりました。選書からまとめ方まで個性が感じられてそれも面白かったです。
  • 今度はぜひ、食事をしながらの懇親会も参加したいと思います。
  • 読書会のあとの雑談は何よりのご馳走だなと思います。
  • 参加者それぞれにプレゼンのスタイルがあるのがいいですね。
  • 個性が出るのが面白いです。
  • きちんと伝えること自体にとらわれることなく・・・
  • これからも、のびのびと自由に、本に対する愛や戸惑いを語れる場でありますように。

世界的に見ても、読書をする人は減少傾向にあるそうです。

貴重な読書仲間とこうして毎月語れる時間が持てるって幸せだなぁ。

今日も読んでくださってありがとうございます。明日もどうぞよろしくお願いいたします。

第141回の参加予定者(6名)

  1. もんざ「戦争は女の顔をしていない」 (岩波現代文庫) スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ (著), 三浦 みどり (翻訳) 
  2. りんさん「生涯弁護人  事件ファイル1 村木厚子 小澤一郎 鈴木宗男 三浦和義」弘中惇一郎 (著)講談社
  3. にしやまさん(選書中)
  4. maruさん『韓国文学の中心にあるもの』斎藤真理子 (著)イースト・プレス 
  5. Keiさん「50歳からは、「これ」しかやらない 1万人に聞いてわかった「会社人生」の上手な終わらせ方」大塚 寿 (著)
  6. ミッツさん「言語接触: 英語化する日本語から考える「言語とはなにか」」嶋田 珠巳 (編集), 斎藤 兆史 (編集), 大津 由紀雄 (編集)東京大学出版会

第141回の紹介予定の本

https://amzn.to/42YIktr

ソ連では第二次世界大戦で百万人をこえる女性が従軍し、看護婦や軍医としてのみならず兵士として武器を手にして戦った。しかし戦後は世間から白い目で見られ、みずからの戦争体験をひた隠しにしなければならなかった―。五百人以上の従軍女性から聞き取りをおこない戦争の真実を明らかにした、ノーベル文学賞受賞作家のデビュー作で主著!

「戦争は女の顔をしていない」 (岩波現代文庫) スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ (著), 三浦 みどり (翻訳)
https://amzn.to/41ZXjlr

村木厚子事件(厚労省郵便不正事件)、小澤一郎事件(陸山会政治資金規正法違反事件)、鈴木宗男事件、マクリーン事件、クロマイ・クロロキン薬害訴訟、医療過誤訴訟、三浦和義事件(ロス疑惑)など、日本の戦後刑事司法史に残る大事件を手がけてきた、伝説の弁護士、弘中惇一郎。「絶対有罪」の窮地から幾度となく無罪判決を勝ち取ってきた「無罪請負人」と呼ばれるその男は、歴史的なそれらの裁判をどのように闘ったのか? 受任の経緯から、鉄壁といわれる特捜検察の立証を突き崩した緻密な検証と巧みな法廷戦術、そして裁判の過程で繰り広げられるスリリングな人間ドラマまで、余すところなく書き尽くす。稀代の弁護士による、法廷を舞台にした唯一無二の思考の指南書にして、類稀なる現代史。

「生涯弁護人  事件ファイル1 村木厚子 小澤一郎 鈴木宗男 三浦和義」弘中惇一郎 (著)講談社
https://amzn.to/3mSUzri

なぜこんなにも面白く、パワフルで魅力的なのか。その謎を解くキーは「戦争」にある。

なぜ、韓国文学はこんなに面白いのか。なぜ『82年生まれ、キム・ジヨン』、フェミニズムの教科書となったのか。世界の歴史が大きく変わっていく中で、新しい韓国文学がパワフルに描いているものはいったい何なのか。その根底にあるのはまだ終わっていない朝鮮戦争であり、またその戦争と日本は深くつながっている。ブームの牽引者でもある著者が、日本との関わりとともに、詳細に読み解き、その面白さ、魅力を凝縮する。

『韓国文学の中心にあるもの』斎藤真理子 (著)イースト・プレス
50歳からは「これ」しかやらない 1万人に聞いてわかった「会社人生」の上手な終わらせ方
会社人生の終わりが近づき、「役職定年」によって立場も奪われる。50代を取り巻く環境は厳しい。いったい、何をモチベーションに働けばいいのか悩む人も多いだろう。本書は、「1万人の話を聞いてきた男」が、先人たちのアドバイスを元に「50代を後悔しな...

会社人生の終わりが近づき、「役職定年」によって立場も奪われる。50代を取り巻く環境は厳しい。いったい、何をモチベーションに働けばいいのか悩む人も多いだろう。本書は、「1万人の話を聞いてきた男」が、先人たちのアドバイスを元に「50代を後悔しないためにやっておくべきこと」を説くもの。40代までと違い、「会社のために働く」という意識では行き詰る。そこで、50代を「会社人生から脱却するためのリハビリ期間」として、どのように組織人から「個人」へと脱却するかを説いていく。その一方で、自分の仕事を「集大成」するための方法を、豊富な先人たちの事例を元に紹介。また、現在は50代の4人に1人が他社へ転職するという時代。定年後に別の会社に再就職する人も含め、多くの人が気になるであろう「50代~定年後の転職事情」についても詳しく紹介する。定年後を迎えるのが楽しみになる1冊。

「50歳からは、「これ」しかやらない 1万人に聞いてわかった「会社人生」の上手な終わらせ方」大塚 寿 (著)
言語接触: 英語化する日本語から考える「言語とはなにか」
英語が席巻する現代日本の言語風景。一方で現代の日本語も中国語や西欧諸語との関係から形作られ、豊かな多様性を生みつつ多くの生活言語を周辺化し飲み込んでもきた。言語学をはじめとする一線の研究者が、ことばの変化を生きる私たちに、より深く考える視座...

英語が席巻する現代日本の言語風景。一方で現代の日本語も中国語や西欧諸語との関係から形作られ、豊かな多様性を生みつつ多くの生活言語を周辺化し飲み込んでもきた。言語学をはじめとする一線の研究者が、ことばの変化を生きる私たちに、より深く考える視座を提供する。現代の言語学の入り口としても好適。

「言語接触: 英語化する日本語から考える「言語とはなにか」」嶋田 珠巳 (編集), 斎藤 兆史 (編集), 大津 由紀雄 (編集)東京大学出版会

参考

アレクシエーヴィチ『戦争は女の顔をしていない』 2021年8月 (NHK100分de名著) ムック – 2021/7/26 沼野 恭子 (著)

タイトルとURLをコピーしました