本よみました Trial&Error 発見insight 

自己認識を高める方法

values本よみました
この記事は約3分で読めます。

ターシャ・ユーリック 「インサイト」を読了。自己認識をどのように高めるか、という内容の自己啓発本。2019年も半分以上過ぎてるから、振り返りをして、今後の計画を見直しを、と考えていたときに紹介されたので、絶妙なタイミングで、必要な情報を得られて良かった。でも、これは読んで終わりじゃ、もったいない。14回に分けてブックレビューするための準備をする予定。でも、その前に少しだけ情報を整理しておく。

insight(インサイト)――いまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己認識の力 | ターシャ・ユーリック, 中竹竜二, 樋口武志 | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon
Amazonでターシャ・ユーリック, 中竹竜二, 樋口武志の{ProductTitle}。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
Insight: The Surprising Truth About How Others See Us, How We See Ourselves, and Why the Answers Matter More Than We Think | Tasha Eurich
The first definitive book on the science of self-awareness

7本柱の基礎は価値観

自己認識(インサイト)を高めるためには7本柱を意識する必要がある。なかでも、自分の価値観を明確化しておくことが、最初のステップになる。

  1. 自分の価値観を知る
  2. 自分が情熱を燃やすものを知る
  3. 自分の願望(人生で何を経験したいか)
  4. 自分が欲する環境(自分が幸せで存分に力を尽くせる環境)
  5. 自分の行動
  6. 世界に対する自分のリアクション
  7. 自分のインパクト(自分の行動が周りへどう影響を与えるか)

これだけだと、簡略化しているので理解しにくい部分もある。7本柱が重要だと頭で分かっていても、実際に行動と結びつけられるかは、別問題になるだろう。だから、まずは焦らず価値観のたな卸しからじっくり取り組めばいいと思う。

日本語と英語のちがい

日本語訳された本に書かれている84個の価値観のリストだけを見るのではなく、ニューメキシコ大学の作成した「Personal values card sort」も一緒にインターネットで確認することをおすすめする。本に載っているのは単語だけれど、英語版では、その単語の意味を詳しく解説する文言も書かれているからだ。例えば、日本語では「美」だけれども、英語 ”Beauty(to appreciate beauty around me)” となっているので、合わせてみると、より自分の価値観を明確にイメージしやすいと思う。

巻末資料を活用する

巻末にA~Nまで14個の資料がある。これは、この本の内容を自分の血肉にするためのワークシートなので、時間を確保して取り組む価値はあるだろう。資料Nは無料の360度フィードバックについての情報なのだが、問題は英語サイトだということ。自分のフィードバックをもらうため、友人や同僚に頼む必要があるのだが、英語で設問を読み、回答できる人に限られる。この項目は7本柱の6や7と関わる重要なもの。自分の知人、友人、同僚で最適な人を見極めるのにも時間が必要だ。

PersonalityPad.org : まずはID登録が必要。調査時間は30分程度とのこと。 
SelfStir.com (BUSINESS SOLUTION – 360 DEGREE FEEDBACK) :一見すると有料?と思うが価格表(Our Pricing)を確認すると、個人は無料だと分かる
BankableLeadership.com (The Bankable Leadership 360 Assessment BETA*):これはIDを登録して自分で12項目のアンケートに答えるものだが、自分が評価をしてもらいたい5~10人のメールアドレスも入力する(オプションだが強くおススメとのこと)必要がある。

タイトルとURLをコピーしました