本よみました Trial&Error

ブックレビュー「失われし自己を求めて」 ロロ・メイ著 誠信書房 2014/9/23 ★★★★★

この記事は約3分で読めます。

肉親への恨みやねたみをあからさまに見せつけられて気持ちがいい人なんているだろうか。
知人が書いているブログをタイトルに惹かれて、うっかり読んでしまい、胸の中に墨を流し込まれた気分。

知人はその気持ちを外に出すことによって、事態を客観視したかったのかもしれない。
でも知人の家族や、事情を知る人は、ショックを受けたり、傷ついたりするでしょう。

私も、色々なことを考えて思考を整理するために文章を書くことがあるけれど、
それを誰もが自由に見られる場所で公開できるか、と考えた場合、やはり躊躇する。
自分が楽になりたいからといって、他の人を傷つけてもよい、というふうにはならないと思うから。

知人の行動にある種の不快感を感じたけれど、その不快感の種類は特定できていませんでした。
でも、ちょうど、ロロ・メイの「失われし自己を求めて」を読んでいて、
はっとする記述を見つけたのです。

【過度な自己断罪は、かえって内に隠れた尊大さをとりつくろうための衣となっている。
…たとえば、親に愛されていないと思っている子どもは、おおむねひとりごとではあるが、常に次のように言う。
「もし自分がこんなでなかったら、もし自分が悪くなかったら、父母は私を愛してくれることだろうに」
これはどういうことかというと、全力を出しきることを避け、自分が愛されていないことを知るおそろしさを
回避しているのである。…自己尊重の代わりに自己避難をもってすることは、孤独と無価値感という問題に
正面からありのままに直面することを避けることになる。しかも自分のおかれている状況に素直にぶち当たり、
建設的にできるだけのことをすべてやろうとする人の誠実な謙虚さよりも、むしろ偽りの謙虚さへ向かう。
それだけでなく、代用品である自己非難は、人の自己憎悪を合理化してしまい、自己憎悪の傾向を強化することになる。
そして、他者の自己に対する態度は一般に自らの自己に向かう態度に類似しているため、他人を憎むという
目に見えない傾向もまた合理化され、強化される。これらの段階は、自己の無価値感から他者への憎悪まであるが、
そう距離の離れたものではない。】P.107-108

私が感じた不快感は、自分の置かれた状況に素直にぶち当たって、
建設的に自分ができることを全てやろうという姿勢がその文章から感じられず、
全ての責任を周囲に押しつけ、読み手の同情をひきたいという下心が透けて見えていたからだ、
と気づきました。

またひとつ自分の価値観を深めることができました。
私自身、過度な自己断罪をして、その場しのぎをすることが多かったのです。

「どうせ私が悪いんでしょ、はい、分かった。これでおしまい。私が我慢すれば丸く収まるのよね。」

こんな態度が健全なわけはないです。
私が、この態度をどこで身につけたかにも思い当たってしまいました。
明らかに母ですね。

自分の心と身体を分離させて、その結果、身体を壊してしまう。
おかしな具合に歪めてしまう。

私は、そんな風にはなりたくないです。
自分が何を求めているのか、いつも把握できている状態にします。
自分の気持ちを偽らず、誠実であること。でも他人は傷つけない。

そこを目指そうと思います。

失われし自己をもとめて 単行本 – 1995/6
ロロ・メイ (著), 小野 泰博 (翻訳), 小野 和哉 (翻訳)

Man’s Search for Himself Kindle版
Rollo May (著)

タイトルとURLをコピーしました