読書会(勉強会)カウントダウンコラムZoom読書会

読書会までラスト10日/三つの距離を乗り越える

当記事には広告が含まれている場合があります
当記事には広告が含まれている場合があります
読書会(勉強会)
この記事は約4分で読めます。

最近は雨の音が気に入っているもんざです。

愛用している瞑想アプリに、「ポモドーロ」プログラムが追加されました。

ポモドーロとは25分集中して5分休む、という時間管理テクニック。

1980年にイタリア人のシリロ氏が公案したもの。

私が使っているアプリでは集中する時間のBGMを選べるんです。

雨、風、環境音楽、波、singing bowlなど。

以前は波の音ばかりを使っていましたが、最近は雨音の方が集中できます。

別のアプリだと雷の音が入ってるのもあったなぁ。

なぜ雨音がこんなに心地よく感じるのか不思議です。

進捗報告

さて、今月みなさんと共有したいのは、こちらです。

「岡倉天心「茶の本」をよむ」 (講談社学術文庫) 田中仙堂 (著)

この本は「茶の本」の解説本ですが、最終章(7章)から読み始めて1章へ、という流れです。

理由は、私たち現代人がこの本を理解するためには、この順序のほうが分かりやすいから、とのこと。

近代日本は、アジアの中で自分をどう位置づけようとすればよいのか、という思想的な課題を背負ってきました。天心の生前に出版された英文著作、『東洋の理想』、『日本の覚醒』、『茶の本』の三部作は、その課題に答えることで、世界に日本を受け入れてもらおうとした試みでした。この通奏低音に耳を傾けなければいけないと思います

「岡倉天心「茶の本」をよむ」 (講談社学術文庫) 田中仙堂 (著) はじめに

茶の本と、私たち現代人には、三つの距離(時間、文体、思想家天心への警戒心)があるため、理解が難しい。

その距離を乗り越えるための工夫のひとつが、最終章から読むことになるようです。

これは本当に、そうだなぁと思います。

青空文庫で第一章から読み始めて、文章は短いけど、詩的すぎて、「?」となっていた部分も、田中さんの解説で納得できました。

今日も読んでくださってありがとうございます。
明日もどうぞよろしくお願いします。

参加者(2名)

  1. もんざ「岡倉天心「茶の本」をよむ」 (講談社学術文庫) 田中仙堂 (著)
  2. にしやまさん「ちょっとお疲れのあなたが読むだけでフワッと癒やされる本 精神科医が教えるラクな生き方」樺沢紫苑 (著) マイナビ出版 

共有予定の本

https://amzn.to/44zKAr5

明治の日本美術界の指導者、岡倉天心が英語で著し、一九〇六年にアメリカで刊行した『茶の本』は、茶道のみならず日本人の美意識を西洋に啓蒙した代表作である。列強が世界を植民地化していく中で、天心が語る東洋の精神とは―現代茶道の第一線を担う著者が邦訳し、解説する。“最終章”から読むからわかりやすい、世界と向き合う現代人へのエール。

<内容:アマゾン商品説明より> 「岡倉天心「茶の本」をよむ」 (講談社学術文庫) 田中仙堂 (著)
Amazon.co.jp

著書累計230万部突破の精神科医が教える人生をラクに生きる方法

「人と会いたくない……」「仕事がうまくいかない……」「外出したくない……」

「自分を好きになれない……」「将来が不安……」

そんなあなたでも、読むだけで、聞くだけで、ポジティブで明るい気持ちになれる!

本書では、41個の質問、悩みをとりあげて、それぞれの悩みを「楽にする方法」をお伝えし、各項目を動画で見ることができます。

<内容:アマゾン商品説明より> 「ちょっとお疲れのあなたが読むだけでフワッと癒やされる本 精神科医が教えるラクな生き方」樺沢紫苑 (著) マイナビ出版

参考

■THE BOOK OF TEA  By Kakuzo Okakura https://www.gutenberg.org/files/769/769-h/769-h.htm

■茶の本 岡倉覚三著 村岡博訳 底本:「茶の本」岩波文庫、岩波書店https://www.aozora.gr.jp/cards/000238/files/1276_31472.html

The Book of Tea (Audio Book) by Okakura Kakuzo (1863-1913) YouTube

Penguin Classicsの日本人が朗読しているもの ■Narrated by: Sadao Ueda

タイトルとURLをコピーしました