読書会(勉強会)カウントダウンコラムZoom読書会

読書会までラスト13日/半世紀を生き延びた価値

当記事には広告が含まれている場合があります
当記事には広告が含まれている場合があります
読書会(勉強会)
この記事は約5分で読めます。

気を引き締めなきゃいけないな、と思ったもんざです。

金曜の夜に会社の懇親会がありました。

18時開始でしたが、車が渋滞に巻き込まれ1時間も遅刻してグッタリ。

そして上司からは移動時間の見積もり甘いと言われました。

やんわりと、冗談めかして、ですけど。

コロナ規制が終わって、マニラ名物の交通渋滞も復活しました。

朝晩のラッシュアワーや金曜夕方に大混雑するのは、常識です。

だから車での移動は、そうとう余裕をもって考えないとダメ。

まぁ、仕方ないよね、と状況を知っていると諦めモードになり、

どんどんと、遅刻するのも当たり前、みたいな感覚になります。

良いところは学び、ダメところには染まらないように注意しないと。。。

進捗報告

さて、今月みなさんと共有したいのは、こちらです。

「新装版 思考の技術 エコロジー的発想のすすめ」 (中公新書ラクレ) 立花隆 (著) 

この本は、立花氏が1971年30歳の時に上梓した処女作を、1990年に改題文庫版にしたもの。

私が購入したキンドル版は2020年に新書化され、佐藤優氏の解説が加わっています。

20年前には、エコロジーとタイトルに入れてもわかる人は少ないだろうということで、こういうタイトルを付け、副題にエコロジー的発想のすすめと振ったのだが、今では、エコロジーということばは大ていの人が知っており、エコロジカルな要素を取り入れた商品開発やイベントすらあちこちで見かけるようになった

(あとがき 1990年11月)「新装版 思考の技術 エコロジー的発想のすすめ」 (中公新書ラクレ) 立花隆 (著) 

私がこのように現状分析をする際にも立花隆氏が「思考の技術」で展開した方法が役に立っている

(解説 エコロジー的思考で捉える人間社会の現実 佐藤優 2020年7月11日)「新装版 思考の技術 エコロジー的発想のすすめ」 (中公新書ラクレ) 立花隆 (著) 

著者は、エコロジーという言葉は広まったが、その本質をつかんでいる人は少ないと語ります。

今から13年前のことです。

作家の佐藤優氏は、この本で学んだ方法が、現状分析するのに役立ったといいます。

これは3年前のことです。

つまり、この本の内容は半世紀を生き延び、また古びていません。

現実社会を生きる読者に役立つ内容であると信じてもよさそうです。

今日も読んでくださってありがとうございます。
明日もどうぞよろしくお願いします。

参加者(7名)

  1. もんざ「新装版 思考の技術 エコロジー的発想のすすめ」 (中公新書ラクレ) 立花隆 (著)   
  2. じょあんなさん「I Dare You」  by Sam Carrington  AvonBooks
  3. にしやまさん「読書脳」(サンマーク出版) 樺沢紫苑(著)
  4. りんさん
  5. よしざきさん
  6. たぬたぬさん
  7. maru(まる)さん

共有予定の本

https://amzn.to/3sJBwlH

新興感染症の流行と相次ぐ異常気象。生態系への介入が引き起こす「自然の逆襲」が加速化している。自然と折り合いをつけるために我々が学ぶべきものは、生態学(エコロジー)の思考技術だ。自然の「知」は最強の武器である。組織内の食物連鎖、部下の「なわばり根性」を尊重せよ、「寄生者と宿主」という生存戦略、「清濁あわせ呑む」大人物が出世する――。「知の巨人」立花隆の思考法の根幹をなすデビュー作を緊急復刊! 「知の怪物」佐藤優氏による解説「エコロジー的思考で捉える検察と官邸のなわばり争い」を収録。

<内容:アマゾン商品説明より>「新装版 思考の技術 エコロジー的発想のすすめ」 (中公新書ラクレ) 立花隆 (著) 
Amazon.co.jp

AN INNOCENT GAME. A SHOCKING CRIME. A COMMUNITY FULL OF SECRETS.
Mapledon, 1989
Two little girls were out playing a game of dares. Only one returned home.
The ten-year-old told police what she saw: village loner Bill ‘Creepy’ Cawley dragged her friend into his truck and disappeared.
No body was found, but her testimony sent Cawley to prison for murder. An open and shut case, the right man behind bars.
The village could sleep safe once again.

Now…
Anna thought she had left Mapledon and her nightmares behind but a distraught phone call brings her back to face her past.
30 years ago, someone lied. 30 years ago, the man convicted wasn’t the only guilty party.
Now he’s out of prison and looking for revenge. The question is, who will he start with?

<内容:アマゾン商品説明より> 「I Dare You」  by Sam Carrington  AvonBooks
https://amzn.to/3Pv3ydF

AI時代こそ、「読解力」で差がつく。精神科医・樺沢紫苑の「読み方」大全
「思考力」「記憶力」「判断力」――すべて読書が授けてくれる。

「本を読んでも、すぐに内容を忘れてしまう」「せっかく読書をしても、記憶に残っていない」「凄くおもしろかったのに、少し時間がたつと内容が思い出せない」

「読んだのに覚えてない」という悩みは、いつの時代も不変です。
“読んだはず読書”にあけくれる「読書迷子」を救済するのが、
この本でお届けする、「記憶に残す、どんどん頭がよくなる読書術」です。

記憶に残らない「つもり読書」は、時間の無駄!
本書では、精神科医である著者が、脳科学的な裏付けのある方法を公開。
読書で得た知識をアウトプットする方法、
人とシェアする方法などを明かします。
「読書脳」を手に入れて、読書で人生を切り開きましょう。

<内容:アマゾン商品説明より>「読書脳」(サンマーク出版) 樺沢紫苑(著)
タイトルとURLをコピーしました