課題図書読書会(勉強会)カウントダウンコラム

17/11/14(火)読書会まで1日

当記事には広告が含まれている場合があります
当記事には広告が含まれている場合があります
この記事は約2分で読めます。

いよいよ明日が読書会の日です。今回は会場が違うのでご注意くださいね。
さて、先月の勉強会にご参加いただいた方からのフィードバックを共有します。

◎10月読書会のフィードバック(一部)

●参加した理由
良い本を読める可能性が高い。
課題本を読むモチベーション
皆さんの意見がいろいろな意見が聞けて面白いので

●参加して得たもの
1.論理2割、感情8割でないと角が立つとわかったこと。
2.政治経済などもお金を払わないと、なかなか本当のところは知り得ないとわかったこと。
3.雰囲気と物語を作ることの重要性。
・課題本を読めたこと
・自分の得意なフレームワークに落とし込んで物事を見るという手法
・論理と感覚のバランス大事
・いつもロジカルでなくても良い
・マネージャーは暇の方が良い。

●ご意見/ご感想
一度、カエルの楽園を課題図書にしてみてください。
http://amzn.to/2zAAsDC

論理と感情のバランス、ほんとに重要ですね。
雰囲気や物語に人は流されやすく、操作されやすい、ってことも忘れないようにしないと。

課題本のご提案ありがとうございます。
オススメいただいた「かえるの楽園」は、正直にいうと個人的にかなり読みづらかったんですよね。
たしか会社にあったと思うので再読して検討してみます。

ご記入いただいた皆様、ありがとうございました。
では、また明日、よろしくお願いします。

■参加者■2017/11/14現在
1.もんざ
2.にしやまさん
3. けえわんDゴルフ13さん
4.よしざき。さん

タイトルとURLをコピーしました