読書会(勉強会)カウントダウンコラムZoom読書会

第131回読書会まで14日(6/25(土)開催) 

読書会(勉強会)
この記事は約3分で読めます。

第131回ZOOMで読書会の2週間前になりました。本日からカウントダウンを開始しますね。読書会の告知が遅くなってごめんなさい。昨日、日本からマニラの自宅に戻りました。第130回のふりかえりも、今日中にします!

参加者(3名)

  1. もんざ (主催者) 「分解の哲学――腐敗と発酵をめぐる思考」青土社 藤原 辰史  (著) 
  2. りんさん 「ウォールデン 森の生活 」小学館 ヘンリーD・ソロー (著) 今泉吉晴 (翻訳)
  3. 3.にしやまさん「お金のむこうに人がいる――元ゴールドマン・サックス金利トレーダーが書いた 予備知識のいらない経済新入門」ダイヤモンド社 田内 学 (著) 

読書会の目的

  1. GIVEの力をつける
  2. つながりを楽しむ
  3. 読書を楽しむ

読書会までにこちらの2点をFacebookのグループに投稿しましょう。
(1)自己紹介(参加目的を含めて)
(2)進捗状況

Googleドキュメントでレジュメを作成しています。 ご紹介いただける本を指定のリンクからご記入ください。 ほかの参加者が紹介を予定している本への質問もご記入いただけます。

今日も読んでくださってありがとうございます。
明日もどうぞよろしくお願いします。

共有予定の本

分解の哲学――腐敗と発酵をめぐる思考
おもちゃに変身するゴミ、土に還るロボット、葬送されるクジラ、目に見えない微&...

わたしたちが生きる世界は新品と廃棄物、生産と消費、生と死のあわいにある豊かさに満ち溢れている。歴史学、文学、生態学から在野の実践知までを横断する、〈食〉を思考するための新しい哲学。

<内容:アマゾン商品説明より>   「分解の哲学――腐敗と発酵をめぐる思考」青土社 藤原 辰史  (著) 
ウォールデン 森の生活 上 (小学館文庫)
わかりやすく、見やすく蘇った『森の生活』。 ヘンリー・D・ソローは、1800年代中期

わかりやすく、見やすく蘇った『森の生活』。ヘンリー・D・ソローは、1800年代中期、ウォールデンの森の家で自然と共に2年2か月過ごし、内なる自然と外界の自然、そして人間社会を見つめて膨大な日記を記しました。その日記をもとに一冊に編み上げたのが本書です。邦訳は、古典の引用などから難解な書籍と言われていましたが、2004年に小学館から発売になった動物学者の今泉吉晴氏の訳本は、今泉氏自身が山小屋に30年暮らして、自然の側からの視点でソローの翻訳を続け、若々しく、読みやすく、示唆に富む内容になっています。今回の文庫では、さらに豊富な注釈を加筆。深く読み込みたい読者に対しても魅力ある内容となっています。新たに収録された写真と地図は、ソローの足跡(そくせき)をたどったH.グリーソンによるもの。ソローの文章と一緒に見ることで、ソローが感じていた自然を少しでも感じてほしいという訳者の意図によります。社会の産業化が進み始めた時代に、どのようにソローが自然の中を歩き、何を感じていたか。現代に生きる私たちも少しでも感じることができるのではないでしょうか。

<内容:アマゾン商品説明より>   「ウォールデン 森の生活 」小学館 ヘンリーD・ソロー (著) 今泉吉晴 (翻訳)
お金のむこうに人がいる――元ゴールドマン・サックス金利トレーダーが書いた 予備知識のいらない経済新入門
経済とは「誰が、誰を幸せにしているか?」を考えること。お金を取っ払って「人&...

経済とは「誰が、誰を幸せにしているか?」を考えること。お金を取っ払って「人」を見れば、とたんに経済はシンプルになる。元ゴールドマン・サックス金利トレーダーが「経済の原点」から徹底的に考えた、予備知識のいらない経済新入門。

<内容:アマゾン商品説明より>   「お金のむこうに人がいる――元ゴールドマン・サックス金利トレーダーが書いた 予備知識のいらない経済新入門」ダイヤモンド社 田内 学 (著) 
タイトルとURLをコピーしました