本よみました

やってみよう

2021年3月に購入した本(0冊0円)サンプルのみ15冊。もし買ってたら23,252円。サンプル読んで買わないならデータは削除する。

買わないと決めたらデータは削除 確認したところ3月に購入したKindle本は0冊でした。サンプルをダウンロードして読むところで止まっちゃってたんですね。と言っても、サンプルすら、ちゃんと読めてない本も。。。どれも面白そうなのに!今後...
本よみました

読書感想文「相続地獄」お金持ちって大変 

相続と終活について学びたかったので、この本を読んでみました。 森永さんが11年にわたって自宅で実父を介護した体験談、亡くなってからどんな困難があったかなど、高齢者を抱える家庭なら気になる内容です。この本の主な読者ターゲットは、森永さ...
本よみました

第33歌から好きな一節を選ぶ(神曲 煉獄編)

14世紀イタリアで大人気となり、現代でも読み継がれる古典、ダンテ・アリギエーリの「神曲」煉獄編を読み終わりました。今回は、煉獄編の最終章、第三十三歌から好きな一節に関連して、気づいたことをまとめてみました。 選んだ一節 私が選...
やってみよう

2021年2月に購入した本(7冊で6,339円)kindleばっかり

Kindle本を買っていると、いつ何を購入したのか曖昧になるので、可視化するためにブログに記録することにしました。 ちょっと買いすぎた 全部で7冊、6,339円です。3と5はサラッと読めそうですが、それ以外は負荷が高くて、計画...
本よみました

「反脆弱性」上巻のまとめ ABD読書会の感想

2021年2月のABD読書会に参加したので、感想とまとめを記録しておきます。課題本は、タレブの「反脆弱性」上巻です。参加者7名で各章を分担して読み、内容を共有してから意見交換をしました。 来月3月20日は下巻が課題本です。ご興味のあ...
本よみました

「反脆弱性」第16章 無秩序の教訓 ルールから離れて遊べるか

2021年2月と3月のABD読書会の課題本は、タレブの「反脆弱性」です。2月は上巻、3月は下巻に取り組むことになりました。今回は「第16章 無秩序の教訓」について、学習メモを残します。タレブがどんな本を読んできたのか、などの生い立ちと彼の...
本よみました

2月ABD読書会「反脆弱性」第8章 予測できないことを知れ

2021年2月と3月のABD読書会の課題本は、タレブの「反脆弱性」です。2月は上巻、3月は下巻に取り組むことになりました。 今月2月の私の担当パートは、「第7章 浅はかな干渉 ── 医原病」「第8章 予測は現代性の生みの子 ── ブ...
本よみました

2月ABD読書会「反脆弱性」第7章 干渉しすぎるな

2021年2月と3月のABD読書会の課題本は、タレブの「反脆弱性」です。2月は上巻、3月は下巻に取り組むことになりました。 今月2月の私の担当パートは、「第7章 浅はかな干渉 ── 医原病」「第8章 予測は現代性の生みの子 ── ブ...
本よみました

なぜベアトリーチェはダンテに悔い改めを迫るの?(神曲 煉獄編)

14世紀イタリアで大人気となり、現代でも読み継がれるダンテ・アリギエーリの「神曲」を読んでいます。地獄篇を読み終わり、いまは煉獄編を読んでいます。今回は、第三十歌から第三十一歌で描かれているダンテの懺悔シーンについて、考えてみました。 ...
本よみました

気づいたら楽園にいた話(神曲 煉獄編)

14世紀イタリアで大人気となり、現代でも読み継がれるダンテ・アリギエーリの「神曲」を読んでいます。地獄篇を読み終わり、いまは煉獄編を読んでいます。今回は、地上の楽園について、昨年2020年に自分が経験して感じたことをたな卸ししながら、考え...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました