ふとした気づきふりかえりTrial&Error

具合が激烈に悪くなって大事なものが分かった話

ふとした気づき
この記事は約2分で読めます。

突然、ものすごい悪寒と頭痛に襲われて、9時間も眠り続けたのが、週の半ばの出来事でした。熱は出ていないし、咳も鼻水もなし。突発的な右わきの下(リンパ)、左胸の痛みなど痛む場所が動きました。

症状から、風邪でもコロナでもなさそうなので、睡眠不足と更年期障害の複合的な症状だったのかもしれません。なんとか5日間でほぼ回復できたので、忘れないうちに備忘記録を残しておきます。

湯舟+睡眠

初日は、湯舟につかって芯から温まり、横になることしかできませんでした。夕方から寝込んでいましたが、たっぷり寝て翌朝目が覚めたときも、まだ頭が痛い状態。

悪寒は消えたものの、足を冷やさないように厚手の靴下をはいて過ごしました。すこし作業をすると、頭痛と倦怠感に襲われるので、その都度、横になって休憩。食欲はないけど、汗は大量に出るため、意識的に水を飲みました。(りんご酢を入れたもの)

寝る→水を飲んでバナナ食べる→トイレ→汗だくなので着替える→寝る

このルーティンでしたね。バナナとりんご酢に助けられました。

心拍数と睡眠スコアと体重

9時間の睡眠時間を記録していても、スコアが64点だったのをみたとき、Fitbitは侮れないなと思いましたよ。だって、ここがピークで体調が悪かったところですから。

曜日心拍数bpm睡眠時間睡眠スコア体重
525時間7分8656.0心拍数がほぼ最低ライン(3/20、5/22)
546時間29分8556.0午後から悪化
579時間20分6456.6必要最低限のことをするので精一杯
607時間13分7454.91日で2キロ体重が落ちてた
609時間30分8754.6食欲よりも睡眠欲。タイレノール1錠
596時間1分8654.6かなり回復。食欲も少し出た

学んだこと

自分の安静時の心拍数は、周期的に変動しています。51~52bpmで底をうって、また増えてくるかんじ。心拍数が下がっている状態のときは、皮膚の露出を避け、冷房に直接当たらないように、体温調節ができる服装を心がけます。

自分の体調が悪いと他人に優しくすることが難しいと改めて気づきました。心のよゆうが全くないんですもの。現在、父母は私からの電話で生活のリズムを保っている様子が見られるため、このタスクは優先順位が下げられません。

反面、いろいろと増やしてきた語学学習などのタスクは、今回最低限のものに絞って、体調不良でも継続することができました。あれもこれもと欲張りすぎてたんですね。

やると決めたら、強迫観念のようになってやり続けてしまうのが、私の長所でもあり短所でもあります。今回、体調が悪くなって、肩のちからがふーっと抜けて、全部やんなくてもいいんだ、本当に大事なことだけやるんだ、って当たり前のことに気づけたのが収穫でした。

タイトルとURLをコピーしました