ふりかえりTrial&Error驚Surprise

映画「新聞記者はストリート・チルドレン」(2017)

ふりかえり
この記事は約2分で読めます。

「 India’s Slumdog Press 」(邦題:新聞記者はストリート・チルドレン)というインドのドキュメンタリー映画を見たので、感想を記録しておきます。

こちらのリンクから動画を見ることができます。

India’s Slumdog Press: The Child Journalists Giving a Voice to Millions

Slumdog Editor: Indian Street Kids Write and Produce Newspaper

取材TITLEYEARGENRETIMESCORE(IMDb)
カリスタ・ワイテンバーグ新聞記者はストリート・チルドレン2017Documentary,News,0:25

「路上で生きる」シリーズとして3本のドキュメンタリー映画を観たのですが、そのうちの一本がこの作品です。被写体はホームレスとよばれる人で、イランの中年女性、日本の高齢男性、インドの子どもたちの生活が描かれています。

ほかのふたつに比べて、この作品は全体的な雰囲気が明るいのですが、それは子どもたちの生命力の強さでしょう。逆境のなかでも、希望と目標を見つけて努力する子どもたちは、たくましく、情熱的に見えます。

疑問

  • きれいにまとまりすぎている感じ
  • 映画というよりも、テレビ番組
  • 募金集めが目的の動画だろうか

高評価

  • 編集に関わる子どもたちの情熱が伝わってくる
  • インド社会の一面を学ぶことができる
  • 知識と経験で困難な現状を変革できる実例が学べる
タイトルとURLをコピーしました