やってみよう

落ち込み原因分析にTRY

やってみよう
この記事は約3分で読めます。

金曜(10/30)からのカポエイラ特別レッスン(ブラジルからメストレ(師範)が
来日中のため)も日曜の公開合同練習で一区切り。
楽しいけれども、だんだん身体に疲労が蓄積されていくのがよ~~く分かります。
特に下半身、足腰が笑っちゃうくらい筋肉痛で痛い・・・痛くてしゃがめない!
(でもさすがに先生クラスの人たちは、平気そう!どれだけ強いんだ!かっこよすぎる)
それはさておき。公開合同練習(オープンホーダ)での出来事です。
この公開合同練習は、他のカポエイラ団体の方も参加して行うものです。
(今回の参加者は、総勢60人位だったかしら?)
人垣で輪(ホーダ)を作り、楽器を弾く人3~7人、歌う人1人、輪の中で2名が
ジョゴ(ゲーム)をします。人垣になっている人たちは手拍子をして、コーラスを
歌い、ホーダを盛り上げます。全ての役割を、その場にいる人たちが
交替で行います。
私は人垣から見ているだけでも十分満足なのですが
ジョゴをしなさいと背中を押されました。
何度かごまかしていたのですが、先輩に輪の中にぐいぐい引っ張られたときに
「ほんとにイヤ!」と大声で言ってしまい、先輩には、白い目で見られるし、
思わず言ってしまった自分のへなちょこ度合に久しぶりに落ち込んでしまいました。
家に帰っても、どんよりした気分で、汗だくなので、とりあえずお風呂・・・
とのろのろお風呂に入っていたら、ピン!ときました!
私が落ちこんでいる原因は「ホーダに入れなかったこと」ではなく
「好意を示してくれた人の気持ちに応えることができなかったこと」なのだと
気づいたときに、霧が晴れるように気持ちがスッキリしたんです。
私が上手くなれるように、「ジョゴをしなさい」と私に声をかけてくれた
先輩の気持ちに応えられないとしても、もう少し相手を傷つけない言い方や
動作があっただろうに・・・情けない・・・
今日のレッスンでも恐怖をコントロールしなさいと、メストレが言っていましたが
改めて、私にとってそれは本当に難しいことだと感じました。
先日、知人と会話していたときに、彼女たちが恐怖していたのは「老い」でした。
しかし、私は「病」の方が恐ろしいのです。病気やケガが本当に恐ろしい。
それでよくカポエイラをやっているなぁと自分でも思うのですが、
不思議ですね。怖いけど、楽しいんです。カポエイラを続けていれば、
いつか恐怖をコントロールできるようになる日がくる・・・のかも・・・。
【ERROR】すごく不思議なんだけれど。原因が分かっただけで、それが
解決したわけでもないのに、なぜこんなにスッキリしたんだろう?
■□■□■□■■□■□■□■■□■□■□■■□■□■□■
【昨日の一冊】「ヘウレーカ」(岩明均)
ヘウレーカ (ジェッツコミックス)/岩明 均

¥580
Amazon.co.jp
▲アルキメデスは、湯船につかり、あふれる水をみたときに「エウレーカ」と
叫んでアルキメデスの法則を発見したといいますが、ちょうど私も落ち込みながら
お風呂に入っていたときに、ピンときたのです。(悩んだ時や、困った時は
お風呂が効くんですかね?)これはアルキメデスについて描かれている漫画です。
岩明さんの作品は、ずっしり重いけど読み応えがあって大好きです。
【昨日の運動】オープンホーダ14:00~17:00 ジョゴしなくてもずっと立って
手拍子してリズムとって歌ってたからクタクタ・・・でも楽しかった~~  
【昨日の感謝】誰も大きなケガをせず、ホーダを楽しめたことに感謝。
帰りに、カポエイラでは先輩だけど、人生の後輩と一杯飲んでたら、
人生相談っぽい話になった。最近学んだコミュニケーション術をいくつか
お話したら喜んでもらえたようでこちらもうれしくなりました。
■□■□■□■■□■□■□■■□■□■□■■□■□■□■

コメント

  1. もんざ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >oga22さん 初コメントありがとうございますp(^_^)q なるほど~~。ちょっと考えてみますね~!参考になります!

  2. oga22 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    oga22です~。
    なぜ人前で踊る場に出るのが嫌だったのか、恥ずかしい?怪我する?怖い?
    でも、本当に自分がしたいのは何か?
    人前で堂々と踊れる?他の人の好意をしっかり受け止められる?
    じゃあ怖いとか恥ずかしいとかの声を聞いてるのは誰なのか、言ってるのは誰なのか???
    とか考え出すとまた深く自分を知る事に繋がる
    とつい最近教わりました。
    ご参考まで。

タイトルとURLをコピーしました