やってみよう

森永さんの本を読むにTRY

この記事は約1分で読めます。

ようやく森永さんの本を入手してパラ見したもんざです。
これまで、一冊も森永さんの本を読んだことがなかったので、
新しい知識が手に入りそうでワクワクします。
課題本ではありませんがこちらの2冊をこれから読みます。
●「庶民は知らないアベノリスクの真実」2013年7月出版
http://goo.gl/rCFXeL
この本で森永さんが訴えたいことは、あとがきにある一文に要約されています。
「安倍政権で米国型資本主義が日本中に一気に広がるなかで、
我々はどうして生きていったらよいのだろうか」
「他人にまかせては駄目」
「全員が、しっかり学び、一生懸命働き、そして厳しい批判の目を持ち続ける。
それが私たちの自由を守る唯一の方法」
勝間さんの主張と同じですね。ちゃんと自分の頭で考えよう、ということ。
●「経済ニュース 見方を変えればこんなに儲かる」2013年3月出版
http://goo.gl/JKlm1l
こちらは雑誌BigTomorrowの連載記事を加筆修正して新書化されたものでした。
AKBのビジネスモデルを自分の仕事に活かして儲けるには?とか、
Twitter、Facebookの次にくる”ライフログ”の儲けドコロとかが面白そうです。
どちらも、まだ目次とあとがきしか読んでいません。
ちょっとづつ読み進めて、感想をシェアしていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました