課題図書読書会(勉強会)カウントダウンコラム

18/02/28(水)読書会まで14日

当記事には広告が含まれている場合があります
当記事には広告が含まれている場合があります
この記事は約2分で読めます。

最近、ますます読みたい本が増えて、楽しすぎるもんざです。

さて第80回池袋読書会の2週間前になりました。
本日からカウントダウンを開始します。

純文学読書会は3週間前になりますが、
こちらも一緒に進めていきますね。

参加者は私を含め、どちらも8名です。
みなさま、よろしくお願いいたします。

■■池袋読書会
3月14日(水)19時半~開催
■参加者(8名)2月28日現在)
1.もんざ
2.にしやまさん
3.りんさん
4.たぬたぬさん
5.hiroさん☆
6.よしざき。さん
7.たろうさん
8.黒猫のミッツさん

■■純文学読書会(根津)
3月21日(水・祝)13時~
■参加予定(8名)2月28日現在
1.もんざ
2.りんさん
3.けいこさん☆
4.にしやまさん
5.たぬたぬさん
6.日々更新さん
7.けえわんDオビワンKさん
8.Hirokiさん
(☆は初参加)

■読書会の目的
1)GIVEの力をつける
2)つながりを楽しむ
3)読書を楽しむ

読書会までにこちらの2点を
Facebookのグループに投稿しましょう。
(1)自己紹介(参加目的を含めて)
(2)進捗状況

池袋読書会3月の課題本は「 欠乏の行動経済学」です。
ワークは、こちらです。
・いつも時間が足りないと感じていますか?
→YESの場合:なぜ足りないのか原因を考えて共有してください
→NOの場合:どんな工夫をしているのか共有してください

純文学読書会3月の課題本はジョージ・オーウェルの「一九八四年」です。
副読本は、村上春樹の「1Q84」にしました。
私は副読本には手を出しませんが、既読の方から、村上春樹がどのようにオーウェルから影響を受けているかなどお聴かせいただけたりしないかな?などと思っております。

「欠乏の行動経済学」は、ざっくりと読み終えました。
結論としては「豊かな時に想像力を働かせて備えを万全にしろ」ってことかなと。
ただ問題は「豊かさの罠に陥ることを防ぐための策」をどのように見つけるか、みたい。

そして念願の「一九八四年」。これは、じっくり味わってゆっくりと読む予定です。
ディストピア小説って、一度読んだら脳裏から離れない強力なパワーがありますよね。
読み終わったら、いくつか好きな作品があるので、オーウェルと比較してみます。

今日も読んでくださってありがとうございます。
それでは、明日もどうぞよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました