読書会(勉強会)カウントダウンコラムZoom読書会驚Surprise

第132回の読書会は本日です/参加者4名

読書会(勉強会)
この記事は約4分で読めます。

本日AM8時~9時半(JST)に第132回ZOOMで読書会を開催いたします。お時間になったら、事前にお知らせしたURLをクリックしミーティングルームにご入室ください。7月のご参加は私も含めて4名の予定です。最初に、ご紹介本の表紙を見せていただき集合写真を撮りたいです。お手数ですが、ご用意をお願いいたします。

タイムテーブル

08:00~08:03 集合写真(本の表紙を見せてください)
08:03~08:15 (2分×4名)近況報告(感動したこと)
08:15~09:05 (7分×4名)本のプレゼン
09:05~09:15  質問・意見交換
09:15~09:30  フリートーク

参加者が共有する予定の本

  1. もんざ (主催者) 「山椒魚戦争」グーテンベルク21 Kindle版 カレル・チャペック  (著), 樹下節 (翻訳)
  2. けいいちさん「定年1年目の教科書」高橋伸典著 日本能率協会マネジメントセンター
  3. よしざきさん「危機の外交 岡本行夫自伝」新潮社 岡本行夫  (著)
  4. Koichiさん「データ視覚化の人類史――グラフの発明から時間と空間の可視化まで」青土社 マイケル フレンドリー (著), ハワード ウェイナー (著), 飯嶋 貴子 (翻訳) 

共有していただきたいこと

直近一ヶ月のあいだに読んだ本1冊について、
「タイトル」「著者名」「出版社」「課題ワークの内容」
を含めて共有してください。

課題ワーク

  • 1.なぜ、その本を選んだのですか
  • 2.その本から何を得ましたか
  • 3.その本のキーワードを3つ教えてください

みなさんにお会いできることを楽しみにしています。

共有予定の本

山椒魚戦争
一商船の船長が、インドネシア方面の海中で、山椒魚に似た奇妙な動物を発見する&...

一商船の船長が、インドネシア方面の海中で、山椒魚に似た奇妙な動物を発見する。彼は、この動物が人になれるうえに利口なことを知って、真珠採取に利用することを思いつく。そして、この仕事の企業化を、ある実業家にもちかける。山椒魚は、まず単純な海中作業に利用されるが、やがて、人間はさまざまな技術を教え、言葉までさずけて、彼らを高度な仕事につけはじめる。知識と技術を獲得した山椒魚はいろいろな権利を主張しはじめる。そして……。痛烈なSF的諷刺によって、政治的・経済的・技術的・文化的な激動の時代を皮肉ってみせたチェコの奇才チャペックの代表作。

<内容:アマゾン商品説明より>   「山椒魚戦争」グーテンベルク21 Kindle版 カレル・チャペック  (著), 樹下節 (翻訳)
退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書
定年後、どのようにすればいいか不安を抱えている人に贈る指南書です。定年後の3...

定年後、どのようにすればいいか不安を抱えている人に贈る指南書です。定年後の3大リスク(お金/仕事、孤独、健康)に対し、具体的に乗り越える方法を提示します。

まず、多くのサラリーマンが選択する再雇用を選択しますが、会社と業務委託契約をして独立することで、生涯現役で活躍することができるようになります。また、人との繋がりを作る具体的方法を提示し、孤独を解消します。この一冊で定年後の不安を払拭できます!

<内容:アマゾン商品説明より>   「定年1年目の教科書」高橋伸典著 日本能率協会マネジメントセンター
危機の外交 岡本行夫自伝
外交の最前線に立ち続けた「日米同盟の巨人」が死の直前まで書き継いだ驚愕の手&...

外交の最前線に立ち続けた「日米同盟の巨人」が死の直前まで書き継いだ驚愕の手記。コロナ禍で命を落とした不世出の外交官は、秘録と呼ぶべき経験と日本の課題、そして真の脅威についてつぶさに書き遺していた。世界を巻き込んだ湾岸戦争、イラク戦争における外交の舞台裏。幻の普天間基地移設プラン――外務官僚の枠を超え、難題の真っ只中に自ら飛び込み続けた「特命外交官」による圧巻のノンフィクション。

<内容:アマゾン商品説明より> 「危機の外交 岡本行夫自伝」新潮社 岡本行夫  (著)
データ視覚化の人類史――グラフの発明から時間と空間の可視化まで
折れ線グラフや棒グラフはいつどのように生まれたのか グラフィックコミュニケー...

折れ線グラフや棒グラフはいつどのように生まれたのか。グラフィックコミュニケーションの爆発的な普及は、視覚的思考という認知革命によって強化されたものであることを明らかにし、データの可視化とグラフィックコミュニケーションの400年にわたる進化を、様々なストーリーとイラストで詳しく紹介する。

<内容:アマゾン商品説明より> 「データ視覚化の人類史――グラフの発明から時間と空間の可視化まで」青土社 マイケル フレンドリー (著), ハワード ウェイナー (著), 飯嶋 貴子 (翻訳) 

タイトルとURLをコピーしました