読書会(勉強会)カウントダウンコラム

自分の言葉で語れることの重要性(読書会までラスト9日)

当記事には広告が含まれている場合があります
当記事には広告が含まれている場合があります
読書会(勉強会)
この記事は約3分で読めます。

はやく移動がスムーズにできるシステムにならないかなぁと思うもんざです。

マニラから日本に帰国する人をサポートしているのですが、なかなか思うように事が運びません。
というのも、飛行機に乗れる人は、72時間以内に取得したコロナ陰性証明を持っていないとダメ。

航空券を確保していても、PCR検査をして陽性だったら、アウトです。
実際、その方は検査して陽性だったので帰国が延期になってしまったんですよね。
PCR検査も、受けたい人が多すぎて予約ができず、先着順50名までとか、また受けても結果が出る日がはっきりしないなど、検査機関によって状況が異なります。
最近、ホームキットで自宅検査ができるようにもなったようです。

検査の費用も決して安くはありません。ため息が出てしまいます。コロナ前のように気軽に旅する状況には戻れないと思うとツライです。。。

進捗報告

さて、今月ご紹介するのは、こちら。戯曲です。
「シラノ・ド・ベルジュラック」 (光文社古典新訳文庫)ロスタン (著), 渡辺 守章 (翻訳)

今回は、第三幕から、クリスチャンとロクサーヌの会話のちぐはぐさでユーモアたっぷりな場面を紹介します。ロクサーヌは、シラノが代筆したラブレターを、クリスチャンが書いたものと信じて暗記するほど読みこんでいます。だから、対面した時にもクリスチャンが、どれだけロマンティックな言葉を囁いてくれるのか期待でワクワクしちゃってます。ところが。。。クリスチャンは見た目がカッコイイだけ。残念ながら、美しく知的な愛を語れる能力はありません。

クリスチャン (ロクサーヌの傍に座る。沈黙)愛しています。
ロクサーヌ(眼を閉じて)そう、話して、恋のこと。
クリスチャン 愛している。
ロクサーヌ それはテーマ。言葉に綾を。
クリスチャン あなたのことを……
ロクサーヌ ですから、言葉を!
クリスチャン 物凄く、愛しています。
ロクサーヌ 分かっておりますわ、それで?
クリスチャン ですから……あなたが愛して下さったら僕は嬉しい!お願いだ、ロクサーヌ、愛していると言って!
ロクサーヌ(不満気に)クリーム・スープかと思ったら、出しがらですの?仰ってみて、どのように愛してくださっているのか……
クリスチャン つまり……非常に!
ロクサーヌ まあ!……こう紡ぎ出して、想いのたけを!
クリスチャン(にじり寄り、金髪のうなじを食い入るように見つめて)この襟足!接吻したい!……

「シラノ・ド・ベルジュラック」 (光文社古典新訳文庫)ロスタン (著), 渡辺 守章 (翻訳) (第三幕 ロクサーヌ接吻の場)

このあと、ちゃんと話してくれない(!)クリスチャンに腹を立てロクサーヌは家に帰ってしまいます。そこへシラノが助け舟を出す、という展開になります。バルコニーにいるロクサーヌに、シラノが姿を隠してクリスチャンの代わりに愛を語る場面は滑稽です。でもシラノの心を考えると痛々しいです。ちょっとロミオとジュリエットを思い出しました。

第一幕 ブルゴーニュ座 芝居の場
第二幕 詩人御用達料理店の場
第三幕 ロクサーヌ接吻の場
第四幕 ガスコン青年隊の場
第五幕 シラノ週報の場

参加者(2名)

1.もんざ 「シラノ・ド・ベルジュラック」 (光文社古典新訳文庫)ロスタン (著), 渡辺 守章 (翻訳)
2.maruさん「エフォートレス思考 努力を最小化して成果を最大化する」かんき出版 グレッグ・マキューン (著), 高橋 璃子 (翻訳) 

今日も読んでくださってありがとうございます。
また明日もよろしくお願いします。

https://amzn.to/3pMy31G
https://amzn.to/3fhKmgv
タイトルとURLをコピーしました