やってみよう

即興演劇「椅子取りゲーム」にTRY

当記事は広告が含まれています
当記事は広告が含まれています
この記事は約2分で読めます。

即興演劇が出来るようになりたいなぁ、と考えていたら、
ちょうどワークショップがあったので、参加してみました。
即興演劇に興味を持ったのは、きっとカポエイラの動きに役立つと思ったためです。
参加したワークショップでは、以下のことを行いました。
1.他人になりきって自己紹介をする
2.2人組で椅子取りゲームをする
3.3人組で椅子取りゲームをする
他人のプロフィールをもらって、それを使ってその場で、
その人になりきって自己紹介をすると、何だか不思議な気分になりました。
ちょっと恥ずかしいな、と思っていた気持ちも、
他の方を見ているうちに徐々に薄れていきます。
そしてメインの椅子取りゲームでは、
座っている人を何とかして立たせるように、
うまくコミュニケーションを取りながら、状況を操作していきます。
くじ引きで与えられた設定があるので、
それがまた不思議な笑いを生み出していました。
(画家、建築家、歌手、主婦、サーカス団員などなど)
とにかく、その場の雰囲気で想像もつかない展開になるのが
びっくりで、涙が出るほど笑いました。
この体験をどうやってカポエイラに応用しようか、思案中です。
言葉を使わずに、身体の動きだけでストーリーを作らなければいけないので、
さらにハードルが上がる感じです。
でも、どちらも相手との掛けあいなので、
一つの反応から何が生まれるのかを感じて、ドンドン発展させていくことを
いかに楽しむか、ということにつきるのかもしれません。
インプロに関する本も読んで、さらに知識を深めてみます。

タイトルとURLをコピーしました