課題図書読書会(勉強会)カウントダウンコラム

18/06/08 (金)読書会まで6日

当記事には広告が含まれている場合があります
当記事には広告が含まれている場合があります
この記事は約2分で読めます。

うれしい偶然を毎日見つけられたらいいなぁと思うもんざです。

会社の同じビルに入っているゲーム製作会社で働いている人で、気になる人がいます。
おそらく20代半ばくらいだと思うのですが、面白いTシャツにビーサンがトレードマークで、雰囲気が男子小学生みたいなんですよ。

私は帰宅時間もランチタイムも変則的なのですが、同じタイミングで彼にばったり会うと、まるで野生の希少生物に遭遇したような気持ちで、心の中で密かにガッツポーズしてます。今週はなぜか立て続けに、ばったり会うことが多くて、幸運に感謝しています。どこでTシャツを買っているのか茶でも飲みながら聞いてみたいのですが、その幸運をどうやって捕まえるかを妄想中。しばらく忘れていましたが、この気持ちは、異性を好きになっているというよりは、例えると、街で偶然、野良パンダに会った、という感動に近いです(笑)

さて、課題です。
「生産性」第8章の「ブランク資料の作り方」は、とても参考になりました。
資料の作り方に限らず、いろいろな面で、ついつい「木をみて森を見ず」みたいな状況に陥りがちなので、まず全体の設計図をざっくりと作り、本質を見失わないことを肝に銘じます。そして、もう一点大事なのは一度作成した設計図に固執しないこと、ですね。
これ、意外と難しくないですか?私が融通効かないだけかなぁ。

今日も読んでくださってありがとうございます。
また明日もよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました