読書会(勉強会)カウントダウンコラム

17/10/09(月)読書会まで9日

当記事には広告が含まれている場合があります
当記事には広告が含まれている場合があります
この記事は約3分で読めます。

2018年の手帳を、珍しくこの時期に買ったもんざです。

例年、あわてて11月半ばに買うことが多かったのですが、今年は全く迷いませんでした。
私は2015年から蔭山手帳を使い始め、2017年で3年目です。
来年も同じ手帳を使うことに決めました。

実は2010年9月から2014年までは、勝間さんの人生戦略手帳を使っていました。(2015年から非売品になったのかな?)

私が人生戦略手帳を使い始めた理由は、ただ手帳を買って終わり、ではなく、毎朝6時にサポートメールが届き、自分の人生戦略を考え、成長するためのヒントを得られることがセールスポイントだったから。

手帳のスターターパック3,990円に月額980円のメルマガがセットになっているしくみで、定価は15,750円ですから、手帳としては高価です。
ただし、キャンペーン期間中に申し込むと、スターターパックは無料になりましたので、最終的な支払い額は11,760円。

それでも、現在使用している蔭山手帳に比べると約6倍の価格ですが、月々980円なら本を1冊買うのと変わらないし、とにかく毎日メールでアイデアやヒントがもらえる可能性に魅力を感じました。

勝間さんのサポートメールは現在も継続しているのですが、B6サイズのスリムバインダー6穴レフィルタイプの手帳は、結局のところ、私のニーズに合わなかったんですよね。

・レフィルを交換するのに手間がかかる
・書くスペースが小さく書きづらい

この2点の理由から、手帳として、あまり活用できていませんでした。
でもおかげで、自分にとって、必要な手帳の機能を見極めることができました。

・たっぷり書けること(余白がある、メモ帳欄が多い)
・書きやすいこと
・A5版がベストサイズ(チケットやレシートを挟んだりするから)
・プロジェクト管理がしやすい(ガントチャートっぽいものがある)
・週間予定を管理しやすい
・これ1冊を見れば1年の全て予定が管理できるシンプルさ

性格的に横着なので、レフィルは絶対に無理だと悟りました。
この手帳にしてから、〆切を守りやすくなり、スケジュール管理が本当にラクになって、自己管理の記録も継続できています。ほんとに出会えてよかった!

さて。課題です。
スケジュールや自己管理に役立つ方法を探している人に、あなたなら、どんなアドバイスをしますか?

論理的で的確なアドバイスをするって、けっこう難しいですよね。
私なら、まず現状で何を使っていて、どんなことに困っているのかをヒアリングするところから始めるかな。アドバイスをするのは得意じゃないし、好きでもないのですが、こういうことを考えるのも訓練になりますよね。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。
また明日もどうぞよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました