読書会(勉強会) カウントダウンコラム 課題図書

17/02/27(月)勉強会まで10日

この記事は約3分で読めます。

ついてない日って、何か原因があるのかな?と思うもんざです。

自転車のサドルバックに着脱式のライトを入れています。
本体に付けたままにしておいて、何度か盗まれたことがあるのです。
そのため、使用しない時にはサドルバックに片付けるようにしたところ、盗難に遭わなくなりました。

夜間にライトを使用して、ライトをバックに入れたのは良かったのですが、バックのチャックを閉め忘れていたんです。
それで今朝の通勤途中に、歩道の段差を乗り越えた弾みでライトがポケットから飛び出してしまいました。

でも落としたことに音で気づけたことや、落とした地点まで取りに戻れて、しかもライトが破損していなかったことは幸運でした。
これが本日ひとつめのトラブル。
ふたつめのトラブルは、お気に入りの先生のクラスが、インターネット環境が不調ということで急にキャンセルになったことです。
まぁ、これは、ある程度は仕方がないと割り切るしかないんですけれど、組み立てた予定がスムーズにいかないと、ちょっとストレスです。

三番目のトラブルは、急勾配の下り坂で急ブレーキで止まれず、勢いあまって全力で転んだことです。
アタマからプールに飛び込むみたいな転び方でした。
でも幸運だったのは、負傷が両方の前腿と左前腕に打撲と擦過傷ができた程度だったことと、近くにいた人が進入してくる車を止めてくれていたことです。坂道を下りきった三叉路のほぼ中央で倒れたので、車が進入してきたら、さらに危険でした。
親切な人がちょうど近くにいてくださって、助かりました。

自転車も、後輪ブレーキに少し違和感がありましたが、大きな損傷もなく、そのまま乗って帰宅できました。
原因は左側道から出てきた車が、止まってくれるだろうと考えて、スピードを落とさなかった私の判断ミスです。

久々にチャリで転びました。何度転んでも、こればかりは慣れませんね。
転んだ後の対処方法は、上手くなったような気がしますが(笑)

さて。課題本です。ピョートルさんの「0秒リーダーシップ」に「エニタイムズ」というサービスが紹介されていました。

◎エニタイムズ/角田千佳さん

私が最初に思ったのは、勝間塾コミュニティのイベント欄と似ているな、ということでした。
でも、もし私が、自分にとって興味がある似たようなイベントを、エニタイムズと勝間コミュのイベント欄に発見したら、
勝間コミュのイベントに参加する選択をするでしょう。

それは、私が「勝間塾生である」というブランド(タグ)に、旧友に再開したかのような信頼感を感じてしまうからです。
同じものを見て、同じものを聞いて、一緒に考えているという一体感が私の中で知らぬ間に醸成されているんでしょう。
このことに無自覚でいるのは、ちょっと怖いかもしれません。

自分の「見せタグ」(営業用の顔?)は、誰をターゲットにしているかで変わると思うのです。
例えば、カポエイラの仲間に、私は「勝間塾生であり、勉強会を主催している」というタグを見せません。
見せる必要を感じないし、かなり世界観が異なるからです。

自分の両親に見せるタグ、友人に見せるタグ、上司に見せるタグ、顧客に見せるタグなどなど、
私の場合、全てが一致するとは限りません。出せるものと、出せないものを常に選別しているかも。

このあたりについて、他の方と勉強会でも意見交換してみたいですね。
それでは明日もどうぞよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました