読書会(勉強会)カウントダウンコラム課題図書

17/02/01(水)勉強会まで8日

この記事は約1分で読めます。

それって言い訳だよね?と聞き返されて、あぁそうか、と思ったもんざです。

「本当は●●を買ってこようと思ったんだけど、間に合わなかったから、代わりにこれを用意しました」

ということを言う女性がいました。
そんな言い訳がましいことを言う必要はないのに、という男性の意見を聞いて、初めて「あ、コレって言い訳なんだ」と気づいたんです。

確かに受け取る側からすると、そんなことを聞いても仕方がないのかもしれません。
でも、女の人って、こういう言い方する人は意外と多い気がするんですよね。
私も言っちゃってるかも。

さて。課題です。
私が著者の山口さんのことを知ったのは、2011年8月に勝間塾の夏季合宿に参加したことがきっかけでした。
・自分思考 (講談社+α文庫) Kindle版 山口絵理子 (著)

二人部屋で同室だった方から、お薦めの本を何冊か教えていただいたうちの一冊が山口さんの「裸でも生きる」でした。
25歳で起業した彼女の生き方は、非常に印象的で、本を読み終わってから、すぐにマザーハウスの本店に行き、バックを買ってしまいました。
なかなか彼女の生き方を自分自身に引きつけて考えることは難しいのですが、学ぶところは大きいなと感じています。

タイトルとURLをコピーしました