読書会(勉強会) カウントダウンコラム 課題図書

16/12/30(金)勉強会まで13日

読書会(勉強会)
この記事は約2分で読めます。

落とし穴に気づけるかどうか、これが第一ポイントみたいだと学んだもんざです。
ビジネス上でのコミュニケーションは、分かる人にだけ分かってもらえればいいや、という訳にはいきません。

でも、実際はねぇ。私も日々受け取るビジネスメールで頭を抱えることが、しばしばあります。
メールを読んだあとに、この人は、いったい何が言いたいのかな。私は、どんなお返事を書くべきなんだろう?みたいな、ストレスを感じます。みなさんはありませんか。

ここが、落とし穴なんです。自分は、問題ないと思っていても、実は伝わっていない、みたいな状況ですね。
自分の目的と相手から求めるアクションを意識していないと、井の中の蛙のように「穴に落ちた状態」になっちゃう。
そういう私も、知らないうちに、うっかりと足を踏み外しているかも。イタタタ。。。

さて自分で決めた課題図書を読み始めました。

◎ロジカル・シンキング Best solution照屋 華子 (著), 岡田 恵子 (著)

ぱっと見は、ごついハードカバー本ですが、各章ごとに練習問題がたくさん入っているので、実際に文章として読むところは、他の二冊に比べると少なめです。お仕事でプレゼンテーションをしたり、企画提案をする機会の多い方には、基礎を学べるので人気が高い本です。私も含めて練習問題まで取り組んでいる読者は、多くないとは思いますけど(笑)

とりあえずA4の紙に鉛筆で目次だけマインドマップ風に書き出してみました。

各1枚で3冊分を作ると、似通っている部分が何となく見える気がします。
まぁ、著者は全員がマッキンゼー出身の方なので、ロジカルシンキングに関する基礎は同じなのかもしれません。

私は、この本の中のコラムが好きなんですよ。ちょっと、とっつきにくいな、という方は、とりあえず、いくつかあるコラムを拾い読みしてもいいかも。私自身の理解を深めるために、各章から1問づつクイズを作ってみました。全7章なので全部で7問あります。本日から1月5日まで簡単なクイズを1つ出します。 よろしければお付き合いください。

今日は第1章からのクイズです。
Q1:ビジネスで相手に期待する3つの反応とは?(全7問)

それでは、また明日もよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました