読書会(勉強会)カウントダウンコラムZoom読書会

第118回読書会終了/読書は緊急ではないが重要なこと

当記事は広告が含まれています
当記事は広告が含まれています
読書会(勉強会)
この記事は約3分で読めます。

昨日ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

今回は、コミュニケーションスキル、ジェンダー、生き方、宗教、地域論、歴史と様々なテーマの本が集まりました。ディスカッション部分では、米国のワクチン接種率の高さと学歴の相関関係の話から、情報を読み解く力と、粘り強く問題に取り組む力の重要性について意見交換ができたことが強く印象に残っています。

私たちの日々の生活は自分の思い通りにならないことの連続。でも読書や学習など日々の積み重ねができる人は困難にぶち当たっても簡単に負けません。それをどのように取り扱うか、諦めずに考えて工夫できるようになるから。だから、最初はやる気がなくてもコツコツ続けることが大事。

アメリカのワクチン接種の申し込みが煩雑で、手続きを諦めちゃう人もいる、ということから広がった話題でした。色々と考えさせられますよね。

それぞれの本の3つのキーワード

あらためて皆さまからご紹介いただいた本と、それぞれの本の3つのキーワードを共有します。

もんざ 「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 新版」 (日本経済新聞出版)マーシャル・B・ローゼンバーグ (著), 安納献 (著), 小川敏子 (翻訳)  
・観察・感情・ニーズ・要求
・共感
・感謝を表現するための技術

じょあんなさん「僕が夫に出会うまで」 (文春e-Books) 七崎 良輔  (著)  文藝春秋
・ゲイの青春
・ゲイの幸せ
・ゲイの社会的地位向上

にしやまさん「定年起業を始めるならこの1冊! 定年ひとり起業」大杉 潤  (著) 自由国民社 
・人生の勝負は後半にあり
・働くから健康になる
・ローリスク

ひろみさん「親鸞の浄土を生きる―死を恐れないために」加藤 智見  (著) 大法輪閣 
・親鸞の考える浄土観(即得往生、死後往生)
・哲学者 清沢満之
・浄土の体験 10段階の実践的体験
(自己を見つめる・他力に気づく・煩悩を知り受け止める・病を生きる・死を見つめ、今を生きるetc)

りんさん「沖縄から貧困がなくならない本当の理由」 (光文社新書) 樋口 耕太郎 (著) 
・対症療法と根本原因
・自尊心
・人の関心に関心を注ぐこと

Treeさん「仕事に効く教養としての「世界史」」出口治明  (著) 祥伝社 
・直線の時間とグルグル回る時間
・貧者のアヘンとブルジョアジー
・太陽と女性

読書会のあとで、もんざが得た疑問

1.宗教史を系統的に学ぶにはどんな方法があるか
2.5年後、10年後をイメージして準備をしているか
3.多様性が認めらている国で自分が住んでみたい国はどこだろうか

第119回ZOOMで読書会(2021年6月)

来月は、6月26日(土)に開催予定です。私は来月こそ「ガリア戦記」をご紹介する予定です。ご都合がよろしければ、ご参加いただけるとうれしいです。

第119回ZOOMで読書会
目的:2021年5月~6月に読んだ本を1冊共有する
日時:2021年6月26日(土)AM8:00-9:30(JST)
場所:ZOOMオンラインミーティングルーム

みなさんにお会いできることを楽しみにしています。

2021年5月に共有された本

https://amzn.to/3eOwKdl
Bitly
https://amzn.to/3uRdfq6
Amazon.co.jp
沖縄から貧困がなくならない本当の理由 (光文社新書)
沖縄には、謎が多い。圧倒的な好景気が続く中、なぜ、突出した貧困社会なのか。「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。「沖...
Amazon.co.jp
タイトルとURLをコピーしました