やってみようTrial&Error益Useful驚Surprise

テレビ見過ぎの高齢者は記憶力が低下する(1日平均3.5時間以上) 

やってみよう
この記事は約2分で読めます。

両親が長時間テレビを見ていることが分かって、心配になって、色々調べていたら、こんな実験結果を発見しました。1日平均3.5時間以上テレビを見ている人は、言葉を記憶する力が低下する、という恐ろしい実験結果が公表されていました。さっそく内容を両親に共有したものの、彼らの生活態度が改善されるかどうかは不明です。。。

テレビ見過ぎの年配者、記憶力低下 刺激がストレスに?(2019/3/6)

Television viewing and cognitive decline in older age: findings from the English Longitudinal Study of Ageing

実験結果

1日平均3.5時間以上テレビを見ていた場合、言葉を記憶する力が低下する
(性別、年齢、喫煙の習慣を考慮しても傾向は変わらず)

実験内容

論文の公表日:2019/2/28
場所:イギリス
対象:50歳以上の男女
人数:約3600人
平均年齢:67.1歳
実施期間:6年間の間隔をあけ、2回実施
(2008/2009と2014/2015)

原因予測

  • 読書など認知機能を活性化することに使う時間が減る
  • 暴力や災害など刺激の強い番組がストレスになる

反論

  • テレビゲームやインターネットなど「双方向の活動」は認知機能によい面もある

ずっと受け身で画面を見ているだけ、というのがダメなんでしょうね。読む、聞く、話す、書く、この4つを意識的に行うしくみを作っていきましょう!読書会に参加するなんて、最高の脳トレです!

Television viewing and cognitive decline in older age: findings from the English Longitudinal Study of Ageing
There has been significant interest in the effects of television on cognition in children, but much less research has been carried out into the effects in older...
タイトルとURLをコピーしました