カウントダウンコラム

16年4月3日(日)勉強会まで11日

この記事は約2分で読めます。

受け身にならないことが大切って分かっていても、ゆとりがないといつの間にか受け身になっている、と気づいたもんざです。

カポエイラも、Skype英会話も、自分の頭でしっかり考えて練習するのと、ただ先生の言うことを「なるほど、なるほど」と聞いているだけでは、成果が違います。
「今回のレッスンではココを押さえよう。終わった後は、ココを復習してマスターしよう。そのためには時間を30分~1時間確保しなきゃ」
みたいな感じです。カポエイラでは、週1~3回のレッスンと週1回の自主練、月1回の発表会、年1回の昇段、と自分の中でスケジュールが決まっています。
現在の目標は、指導者レベルの帯を取る時に、先生の前で披露する型が出来るようになることです。

実はこうして自分の目標を文字にしたのは初めてのことです。これまでは、宣言するのが怖かったんです。自分に自信がなさすぎて、恐れ多いという感情が強かったのかもしれません。
なんでしょうね、この心境の変化は。特別に上手くなったわけでも自信ができたわけでもないので、自分でも不思議です。
昨年までは、カポエイラに入れ込み過ぎて生活のバランスが歪んでいました。そういう時期を卒業したので、焦らずコツコツ続けて行こうという開き直りなのかもしれません。

Skype英会話は、新しい発見と挑戦が楽しくて続けている状態ですが、これが意外と私の時間管理力をアップさせてくれる効果があるみたい。
早寝早起きの習慣がかなり定着してきました。カポエイラのレッスンを重視していると夜型生活になってしまうので、うれしいことに、ここも良いバランスがとれてきました。

結局のところ、時間管理力がなぜ必要になるのかというと、自分の望むライフスタイルや目標を、ある特定の日までに手に入れたいからなんですよね。
分かっちゃいるけど、ついつい、日常の雑事に追われて、自分にとっての優先順位が分からなくなってしまうと、いつの間にか受け身になってしまっているんです。
コワイなぁ!スケジュールとタスクを1日に詰め込みすぎず、自分の処理能力を過信せず、バッファを取りつつ、本当に必要なものだけを選んで、あとはそぎ落とす。

これができるようになりたい!
そのためのツールとして「タスクシュート」(Excelベースのタスク管理ソフト)や「たすくま」(ライフログを記録するiPhoneアプリ)、陰山手帳を活用しています。
(残念ながら勝間さんの自分コーチング手帳は私には使いこなせないままでした。。。)
皆さんは、どんなツールを活用されているのでしょうか。よかったら教えてください。

それではまた明日もよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました