カウントダウンコラム

16年2月14日(日)勉強会まで4日

この記事は約2分で読めます。

2009年1月から使っていたcoachの長財布と本日2016年2月14日にお別れをしたもんざです。

6年間、私のために働いてくれたお財布に感謝しています。思えば、2009年1月サイクリング中に財布を落として紛失し、義姉からお下がりをいただいたのでした。

それまでガマグチタイプのお財布ばかりを使っていましたが、長財布って収納力が高くて便利だと気づくきっかけになりました。でも、油断して何でも突っ込んでいると、あっという間にパンパンになるのが悩みでした。現在、この問題は解決済ですが、その話はまた別の機会にしますね。

coachのお財布は布+革を組み合わせたタイプだったのですが、お手入れをしても表面のロゴの織目が乱れ、革も手垢汚れが取れませんでした。実用的には全く問題がなかったのです。(破れ目から小銭が溢れ落ちるとか、カードが飛び出すとか、そんなことは全くなく縫製もしっかりしていてホツレなどもありませんでした。)でも毎日、鞄から取り出して使う度に、ヨレヨレ感に気分が沈むんです。そんなわけで昨年から買い替えたかったのですが、「これだ」というものに出会えずにおりました。

いえ、正確に言うと、出会っていたんですけれど、まだ迷っていたんです。実用的に問題ないものを捨てるなんて、もったいないじゃないか、という迷いです。でも上手にその迷いを活用できました。

実は1月にAmazonでKindle本を出版したのですが、準備段階で「年末年始の休暇中に出版できたら、自分へのご褒美で新しい好きなお財布を買ってOK。古いお財布はまだ使えるかもしれないけど処分してOK」と自分自身と約束していました。

そんなわけで、ようやく自分との約束も守ることができ、罪悪感からも逃れることができました。(古いお財布は新しいお財布を購入したお店に処分をお願いしました)

お財布も、本当に色々なデザインがあります。

・男性用は、薄くて軽くシックな色が多い
・女性用は、収納力をPRし暖色寒色などカラーバリエーションが多い

用途は同じでも、その道具を使用する人の性別で、
デザインは変わってきます。面白いですね。

それではまた明日もよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました